東日本大震災復興支援【チャイハネ】他71店舗売上金の5%を「森の長城プロジェクト」寄付

PR TIMES / 2013年8月30日 14時42分

【SMILE for JAPAN】 2013年9月1日(日)~9月11日(水)実施

株式会社アミナコレクション(本社 横浜市 代表取締役社長 進藤さわと)は、東日本大震災で発生した瓦礫(がれき)を、津波被害からいのちを守るための“森の防潮堤”を築く「森の長城プロジェクト」に賛同し、2013年3月より、森の長城プロジェクトへの義援金寄付活動を行っております。今回、防災の日2013年9月1日(日)~11日(水)までの11日間、直営店71店舗の売上金5%を、「森の長城プロジェクト」へ寄付する第2回目のイベントを実施します。



東日本大震災 復興支援 SMILE for JAPANについて
 株式会社アミナコレクションは、2011年3月の東日本大震災発生後すぐに復興支援プロジェクト「SMILE for JAPAN」を立ち上げました。対象商品のお買い上げ金額を全額、日本赤十字社と東北3県(岩手・宮城・福島)の震災で親を失われた子どもたちを支援する育英基金に寄付をして参りました。
 2013年3月より、本活動の寄付先を「-瓦礫を活かす-森の長城プロジェクト」に定め、今後もお客様と共に復興につながる支援、植樹ボランティアとしての参加を続けて参ります。

 これまでの寄付金額  56,581,094円 ※内 「森の長城プロジェクト」への寄付額10,769,500円)
                         ※2016年までに、累計1億円の寄付を目指します。
                       SMILE for JAPAN 公式WEB http://www.cayhane.jp/shop/pages/smileforjapan.aspx


公益財団法人 -瓦礫を活かす-森の長城プロジェクトについて
~鎮魂・復興・再生の思いを込めて~
 被災地の森から、シイ、タブ、カシなどのドングリ等を拾い、20~30cmの苗に育て、瓦礫と土を混ぜて築いた小高いマウンドに植えます。瓦礫には、いのちの記憶が宿っています。
 被災地沿岸の南北300kmを対象に10年かけて立派な森をつくって行く計画です。1年で1m成長する木々が緑の壁となり、次にくる津波からいのちを守ってくれることを願って。        
                                      森の長城プロジェクト 公式WEB  http://greatforestwall.com/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング