米国ワイン専門誌「ワイン・スペクテーター」にて モエ・エ・シャンドン史上最高評価を獲得

PR TIMES / 2014年12月16日 9時56分

モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2006 / 94点、モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ ロゼ 2004 / 94点

モエ・エ・シャンドンのヴィンテージ シャンパンが、世界最大級の発行部数を誇る米国のワイン専門誌「ワイン・スペクテーター」で、史上最高評価を獲得いたしました。



世界で最も愛されているシャンパン、モエ・エ・シャンドンのヴィンテージ シャンパン、グラン ヴィンテージ 2006とグラン ヴィンテージ ロゼ 2004が、それぞれ2014年10月付(グラン ヴィンテージ 2006)、11月付(グラン ヴィンテージ ロゼ 2004)にて、世界最大級の発行部数を誇る権威ある米国のワイン専門誌「ワイン・スペクテーター」(www.winespectator.com)の評価で94点を獲得いたしました。これは、モエ・エ・シャンドンにおける「ワイン・スペクテーター」での過去最高の評価であり、グラン ヴィンテージが世界基準で高い品質を保ち続けているということを改めて評価いただいた結果となります。

モエ・エ・シャンドンのグラン ヴィンテージは、天候に恵まれて抜群に品質のよいブドウが育った年に、その年のワインだけを使用して造られるシャンパンであり、シェフ・ド・カーヴ(醸造最高責任者)の自由な発想と芸術性により、これまでの常識から離れ、ブドウ3品種の比率に重点を置いたアサンブラージュを行うことで、その年のブドウの魅力が惜しみなく表現されています。

2005年よりモエ・エ・シャンドンでシェフ・ド・カーヴを務めるブノワ・ゴエズが「選ばれた年のブドウが遺憾なくその卓越した個性を発揮し、唯一無二の味わいなのがグラン ヴィンテージ。ノンヴィンテージが一貫した味わいならば、ヴィンテージはオリジナルの味わいである」と語るように、グラン ヴィンテージは際立った個性と主張を備えた、唯一無二の味わいを実現しています。

法律で定められた3年という時間よりはるかに長い7年もの期間熟成させ、その味わいが最も魅力的になる時を待って発表されるグラン ヴィンテージは、1842年の最初のヴィンテージ発表から世界でも究極のラグジュアリーシャンパンとして愛好家から礼讃され続けています。

URL : http://moet.jp/


商品概要

グラン ヴィンテージ 2006
このシャンパンの濃厚さとおおらかさを柔らかな酸味が調え、最初から最後まで上品なバランスと独特の風味が続く。ローストしたヘーゼルナッツ、クラッシュブラックベリー、完熟したアプリコット、ハニー、ジンジャービスケットの風味は滑らかな口当たりとミネラル感のある後味を残す。今から2029年が飲み頃。
-ワイン・スペクテーターからのテイスティングコメント

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング