フィリピン、巨大台風の影響で心に傷を負った子どもたちに変化が!

PR TIMES / 2014年11月7日 10時8分

2013年11月8日にフィリピンを襲った巨大台風の発生から間もなく1年。国境なき子どもたち(KnK)が日本の皆さまのご寄付を元に行った支援内容と、その活動成果をご報告します。



2013年11月8日にフィリピンを襲った巨大台風の発生から間もなく1年。
広い地域が大きな被害を受け、1,400万人が被災、6千人以上が亡くなりました。2014年10月31日付けのOCHA発表によると、約2万5千人が海岸沿いの居住禁止区域 での生活から抜け出せず、安全とはいいがたい仮設住宅暮らしを余儀なくされた9万5千世帯(47万5千人)が、今もなお支援を必要としています。

国境なき子どもたち(KnK)は2014年11月現在も、この台風で被災した子どもたちへの教育支援を継続しています。

■ 支援の流れ
2013年11月8日 フィリピン中部で巨大台風が発生 6千人以上が亡くなり1,400万人が被災
2013年11月下旬 フィリピンチームによる支援ニーズ調査を開始
2013年12月下旬 東京から本部スタッフが合流し支援地域を選定
2014年1月下旬 レイテ島タナワン、サマール島バサイ、マラブットの3ヵ所にチルドレンセンターを開設
2014年11月現在 上記3ヵ所のチルドレンセンターを継続して運営
2014年12月以降 例えば150万円のご寄付が集まれば、さらに1ヵ月活動延長が可能

■ 具体的な活動内容


学校に通っていない子ども(OSY)のための補習授業(フィリピン語、英語、算数)
通学している子どものための補習授業(同上)
被災した子どもへの心理ケア・サポート
被災した子どもの家庭訪問
子どもの教育や権利、保護の重要性を学ぶ保護者向けセミナーの開催


※写真を見る:http://www.knk.or.jp/act/PHL/news/141105.html

■ 裨益者数
(1)タナワン、バサイ、マラブットで被災した子ども968人(9歳~17歳)
(2)被災地域2ヵ所の保護者100人

■ 現地スタッフ 17人


活動の成果

【成果その1】 巨大台風の影響で心に傷を負った子どもたちに変化が!
⇒ 被災直後数ヵ月は海に近づけず、雨が降ると怯えて高台に逃れていた子どもたち。心理ケア・サポートを行い、スタッフが寄り添うことで、少しずつ落ち着きを取り戻すなどの改善が見られました。

【成果その2】 学習機会のなかった青少年(OSY)に変化が!
⇒ 巨大台風の影響に加えて、もともと家が貧しい、親の教育に対する理解不足など、子どもたちが教育にアクセスできない要因はさまざまあります。彼らはOSY(Out of School Youth)と呼ばれ、KnKの重点的な支援対象でもあります。
支援開始後、彼らにセンターに来るよう粘り強く働きかけたところ、学校に通っていなかった青少年のうち49人が就学を希望し、スタッフのサポートのもと、小・中学校や非公式教育へ登録することになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング