日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズ登場

PR TIMES / 2019年9月3日 13時40分

業界初 (*1)、凍結洗浄で室外機の熱交換器を自動でお掃除

日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社(本社:東京都港区、 CEO:フランツ・サーウィンカ)は、業界で初めて(*1)エアコンの室外熱交換器を自動で掃除する機能を搭載した「白くまくん」プレミアムXシリーズ全11機種を、10月末より販売開始します。



新しい「白くまくん」プレミアムXシリーズは、ファン逆回転と「凍結洗浄」による「室外熱交換器自動お掃除」機能を搭載し、汚れによる風量低下を抑えます。これにより、性能低下によるムダな電気代の発生を低減することにも貢献します。
また、室内機のクリーン機能をさらに進化させました。エアコンの運転中はもちろん、運転していない時も24時間365日エアコン室内機の内部を見張り、プラズマイオンの充満や、加熱・低湿制御を行い、カビを抑制する、「カビバスター」機能を搭載しました。加えて、「凍結洗浄」「ファンロボ」で、カビとカビの養分となるホコリも除去し、エアコン内部を清潔な状態にします。

(*1) 当社調べ。2019年10月末発売予定。国内家庭用エアコンにおいて。年間を通して室外熱交換器を凍結させて洗浄する技術。

【開発の背景】
エアコンは室内機だけで運転するものではなく、室内機と室外機がそれぞれの役割を果たしながら空調を行います。当社は従来よりエアコン室内機内部のクリーンに取り組んでおり、これまで「凍結洗浄」や「ファンロボ」などの技術を開発してきました。室内機内部のクリーンは、清潔性に加え、性能低下の抑制にも寄与します。今回当社は室外機も汚れていることに着目し、今回の新製品を開発しました。
また、カビに対する関心の高まりにこたえるため、室内機内部の新たなカビ抑制機能の開発にも取り組みました。

【新製品の特長について】
1. 業界初、「室外熱交換器自動お掃除」
室内機と同様に、室外機も汚れてくると能力の低下と、それによるムダな電気代の発生につながっていきます。「室外熱交換器自動お掃除」機能(*2)は、運転停止後にファンを逆回転(図1)することで大きなホコリをはがします。さらに、定期的に室外機の熱交換器を凍らせ、たくわえた霜を一気に溶かして汚れを洗い流す「凍結洗浄」(図2)を行います。これらにより、汚れによる風量低下を抑え、ムダな電気代のカットにも貢献します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20546/21/resize/d20546-21-618871-5.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/20546/21/resize/d20546-21-234919-1.jpg ]


新製品は、従来製品から引き続き、室内機に「凍結洗浄」「ファンロボ」を搭載しており、室外機の熱交換器自動お掃除とあわせてムダな電気代のカットを実現しました(*3)。

2. 一年中、エアコン内部を見張ってエアコンをカビから守る:「カビバスター」
「カビバスター」(*4)は、運転中はもちろん、運転していない時も24時間365日エアコン内部を見張り、プラズマイオンの充満や、加熱・低湿制御を行ってカビを抑制します。(図3)

[画像3: https://prtimes.jp/i/20546/21/resize/d20546-21-703370-4.jpg ]


さらに、室内機の熱交換器自動お掃除「凍結洗浄」とファン自動お掃除「ファンロボ」を組み合わせることで、カビとカビの養分となるホコリも洗い流します。「カビバスター」と「凍結洗浄」「ファンロボ」によって、一年中カビを抑制して清潔な風を届けます(*5)。

(*2) 工場出荷時には設定されていません。お客様ご自身による設定が必要です。使用状況や環境により運転しないことがあります。
(*3) 当社調べ 当社試験室での実証結果による一例。期間消費電力量については、RAS-X40K2。JIS C9612:2013に基づくAPFから算出。新品を100とした場合の比率。「室外熱交換器自動お掃除」「凍結洗浄」「ファンロボ」あり(102%)と「室外熱交換器自動お掃除」「凍結洗浄」「ファンロボ」なし(109%)の約7年後で比較。当社独自の条件に基づくものです。使用状態や環境により異なります。
(*4) 工場出荷時には設定されていません。お客様ご自身による設定が必要です。
(*5) エアコンから出る空気を、除菌しているわけではありません。日立調べ(製造元)。RAS-X22K。●試験機関:一般財団法人北里環境科学センター。試験番号:北生発2019-0031号。室温約27℃、湿度約70%。 [シーズン中を想定した動作]「カビバスターなし」:毎日6時間冷房運転を4週繰り返し。「カビバスターあり」:毎日6時間冷房運転後、1~6日目までは「カビバスター」設定によるエアコン内部乾燥運転とプラズマイオン充満運転、7日目は「カビバスター」運転(プラズマイオン充満運転+加熱・低湿制御)+「凍結洗浄」&「ファンロボ」運転。このサイクルを4週繰り返し。 [シーズンオフを想定した動作]「カビバスターなし」:1日目のみ6時間冷房運転後、4週間運転停止。「カビバスターあり」:1日目のみ冷房運転後、1~6日目までは「カビバスター」設定による定刻1回運転プラズマイオン充満運転、7日目は「カビバスター」運転(プラズマイオン充満運転+加熱・低湿制御)。このサイクルを4週繰り返し。 【吐出空気のカビ個数の比較】対象部分:熱交換器・通風路・ファンにカビ胞子を塗布し、上記運転を4週繰り返し後の吹き出す空気を採取、1㎥あたりの空気に含まれるカビ胞子個数を比較。99.9%のカビ抑制効果。
[画像4: https://prtimes.jp/i/20546/21/resize/d20546-21-576441-6.jpg ]



■お客様からの問い合わせ先
お客様相談センター
電話0120-3121-11(フリーコール) ※携帯電話・PHSから050-3155-1111(有料)
受付時間9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日) ※年末年始を除く

■日立ルームエアコンホームページ
http://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング