【初開催】長野県佐久エリアの 13 酒蔵がお届けする日本酒の祭典 「サケソニック」、1 月 24 日、2 月 2 日にオンライン開催

PR TIMES / 2021年1月22日 12時15分

コロナ禍で打撃を受ける酒蔵をコミュニティ通貨「まちのコイン」で応援。 日本酒文化や酒蔵ツーリズムへの理解を深め、佐久の日本酒ファンの増加や 将来のマイクロツーリズムへ繋げる布石に。

日本初の蔵人体験ができる酒蔵ホテル「KURABITO STAY」と橘倉酒造が中核法人を務めるSAKU酒蔵アグリツーリズム推進協議会が、コロナで打撃を受ける観光と佐久エリアの13酒蔵を応援する輪を広げることを目的に企画した取り組みです。
オンラインイベントに加えて、コミュニティ通貨「まちのコイン」を活用し、佐久の酒蔵やそこで働く人々と一層深く繋がるコンテンツをご用意しています。




13 酒蔵の新たなビジネスモデルへの変換
新型コロナウイルスにより飲食店の休業・自粛営業が続く中、飲食店にお酒を扱ってもらっていた酒蔵にも大きな影響を及ぼしています。佐久エリアには13もの酒蔵が密集する全国的にも珍しい土地ですが、数百年この地で酒造りを続けてきた蔵元も「過去にない経営難」と言うほどダメージは大きく、昨年の緊急事態宣言下では売上が昨対で約50%減となりました。一方で、昨年5月より酒蔵のバーチャル見学など、オンラインイベントを活用したBtC向けのビジネスに注力することで、新たなビジネスチャンスの可能性を垣間見ることができました。
佐久の蔵元が参加する本イベントをきっかけに、佐久エリアと日本酒文化への関心が高まり、オンラインでの購入はもちろん、新型コロナウイルス収束後に来訪していただくことを目指しています。

インバウンド需要が消滅、GO TO トラベルの中止・緊急事態宣言で国内旅行者も激減
2020年3月にオープンした蔵人体験ができる酒蔵ホテル「KURABITO STAY」も、新型コロナウイルス感染症拡大により約4ヶ月間の営業自粛期間をするなど、コロナ禍のダメージを大きく受けています。当初予定していたインバウンド需要が消滅。さらに9月からGO TOトラベル向けの新様式のバスツアーを企画し好評を得るも、12月28日からのGO TOトラベル中止、そして今回の緊急事態宣言を受けての延期と厳しい状況が続きます。そんな中でも、人と人を仲良くするコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を活用することで、近隣の方はもちろん、「サケソニック」参加者の方も佐久のお店や酒蔵と繋がりを作り、「まちのコイン」ユーザーが一団となって、佐久を盛り上げるきっかけになればと考えています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/68223/21/resize/d68223-21-689983-0.jpg ]


SakaguLive!「サケソニック」イベント詳細
1日目<1月24日(日)19:00~21:30>
・佐久エリア13酒蔵の紹介
・日本酒で祝う「オンライン成人式」(大澤酒造株式会社 長野県酒造組合佐久支部支部長 大澤真氏)
・酒蔵オーナーによる「うちの酒に合うおつまみ教えまSHOW」
・佐久の酒蔵ツーリズムをもっと面白くする「ブレストワークショップ」(面白法人カヤック 代表取締役CEO柳澤大輔氏)
・「まちのコイン」紹介
・乾杯

★1日目特典:「サケソニック」試飲セット応募
13酒蔵から選りすぐりした試飲セットを、1日目参加者の中から抽選で30名様にお送りします。
セット内容は届いてのお楽しみです。応募申込フォーム( https://forms.gle/UdKvFz5tNC7W4UYE6

2日目<2月2日(火)19:00~21:30>
・佐久エリア13酒蔵の紹介
・基調講演「マイクロツーリズムと酒蔵の可能性」(株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長 井手直行氏、株式会社KURABITO STAY 代表取締役社長 田澤麻里香氏、モデレーター/面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤大輔氏)
・KURABITO STAYと酒蔵体験の紹介
・お料理Live(日本料理屋「お料理れもん」  http://www.oryouri-remon.com/
・「まちのコイン」紹介
・乾杯

★2日目特典:スペシャル対談
株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長 井手直行氏
株式会社KURABITO STAY 代表取締役社長 田澤麻里香氏
(モデレーター:面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤大輔氏)

まちのコイン詳細
利用期間:2021年2月1日(月)~2月21日(日)
通貨名:ポン
利用方法:店頭利用チケット+オンライン利用チケット

<「まちのコイン」利用例>
『佐久の日本酒に合う、おつまみレシピを投稿してくれたら、コインをあげる(オンライン)』
『コインを支払えば、各々にぴったりの佐久の日本酒を提案する(オンライン)』
『テイクアウトしたご飯について、投稿したり感想を伝えてくれたら、コインをあげる』
[画像2: https://prtimes.jp/i/68223/21/resize/d68223-21-434112-1.jpg ]

なお、本事業は観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施しています

■「あたらしいツーリズム」とは 新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式からの変化が急速に進んでいます。
これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう、新たな安全・安心な旅の スタイルを普及・定着させることが重要です。

観光庁では、地方公共団体や観光地域づくり法人(DMO)など地域の関係者が一丸となって、 自然、歴史・文化、食などの観光資源を、感染拡大予防ガイドラインの遵守や新しい生活様式の実 践を徹底しながら、より安心で、誘客力の高いものに磨き上げる取組に対して、支援を実施しています。 これらの支援を通じて、「旅行需要の回復」や「地域経済の活性化」などを進めて参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング