UVケアコスメの容器動向

PR TIMES / 2013年2月18日 10時37分

ー UVケア市場で進む通年化・若年化 ー

化粧品容器メーカーの石堂硝子(大阪府大阪市)が
UVケアコスメの市場動向を踏まえ、その容器傾向を分析した。
化粧品には不可欠の要素となったUVケアのキーワードや
傾向を容器の側面から明らかにした内容だ。



石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、美白志向を受けて通年での需要が高まりつつある

UVケアコスメの容器動向を分析した。

1. 通年化・若年化するUVケア商品


 「UVケア=夏場」。この方程式はすっかり過去のものとなったようだ。

 ライオンが運営している「ライオン ウェルネスダイレクト」サイトが
2012年に実施した「今年の紫外線対策」に関するアンケートによれば、
53%の女性が「1年中紫外線対策をしています」と回答している。

 このうち、「3月から」と答えたのは20%、「4月から」という回答
は10%。一般に紫外線が強くなるのは5月からとされているが、夏場限
定で紫外線対策をしている女性はもはや少数派となった。

 ナビリサーチが2011年に実施したアンケート調査(N=1000)でも、
同様の傾向が明らかだ。場面ごとの紫外線対策の有無について尋ねたとこ
ろ、「1時間程度、もしくは1時間以上の外出時に」という人は約70%、
「屋外でのレジャー時に」は54.5%。「外出時に関わらず常に対策をし
ている」という女性の比率も12%に達している。
 屋外でのレジャーやスポーツ、長時間の外出といった特別のシーンに
とどまらず、日常生活の中でも紫外線に手を抜かない、ちょっとでも紫外
線をあびそうならばUVケアをする・・。そんな女性像が浮き彫りになっ
た格好だ。

 このナビリサーチのアンケートでさらに注目したいのが、若い女性ほど
早い時期から紫外線対策を行っている実態だ。年代別に紫外線対策を始め
た時期を尋ねたところ、40代、50代、60代では「10代前半から」の回
答はゼロだが、30代は0.6%、20代は11.8%が10代前半から紫外線対
策を講じていた。

 「白く美しい肌を保ちたいなら、できるだけ早い年齢から紫外線対策を
始めた方がいい」。そんな認識が日本女性の間に広まってきていることは
間違いない。


2.ボディにもUV対策

 先のアンケートでは、具体的な紫外線対策の内容についても尋ねている。

 もっとも多かったのが「顔の日焼け止め」という回答で88.9%。
これに続いて多かったのが「帽子をかぶる」という回答(59.9%)であり、
「身体の日焼け止め」という回答も59.7%と高い数字を示している。
 「手袋やアームカバー」と答えた女性は全体の38%、「UVカットの洋服」
と答えた女性は17.8%。UVカット機能を備えた洋服を着用してまで紫外線
に備える女性が増えているわけだ。

 女性情報サイト「ガールズトーク」が2012年に実施したアンケートでも
面白い結果がみて取れる。ボディの手入れの内容として「UVケア」をあげた
女性の割合は38%に達していた。

 顔はもちろん、ボディにもUVケアをするのは女性の常識になりつつあるよ
うだ。


3.求められる大容量タイプ


 ここで、UVケア製品の傾向をまとめてみよう。

 1. 3月末から紫外線対策をするなど、UVケアの使用時期が長期化
 2. 季節を問わず、1年中使用する女性も増加
 3. 顔だけでなくボディ全体など、使用箇所が拡大化
 4. 海や山、屋外でのスポーツシーンでの使用は生活習慣として定着
 5. 早い時期(年齢)からのUVケアが重要という認識が若い世代に浸透

 こうした傾向から、UVケア製品の容器には次のような機能が求められてい
いるといえるだろう。

 A. 繊細な処方をプロテクトする遮光性の高さ
 B. 大容量
 C. 表面デザインで個性を演出できる汎用性の高さ
 D. 携帯性の高さ
 E. アウトドアや機内など異なる環境(気温・気圧・湿度等)での耐久性
 
 使用時期が通年化・長期化している傾向を考えると、Bに挙げたように、
従来の30ml、40mlといった容量よりもさらに大きい50ml、60ml、80ml
容器の需要が今後高まることが予想される。
 また、さまざまな場面での使用が進んでいる現状から、持ち運びやすく使
いやすい携帯性へのニーズが強くなることも必至だ。

4. 新たなる需要

 Uvケア市場での新たなる可能性といえるのがメンズ需要だ。
 
 富士経済が2012年に実施した「男性の日焼け止めの使用状況」調査によ
れば(N=640人)、日焼け止めを使用している人は23.1%。海やスポーツ、
レジャー時」の使用は55.4%と半数近くを占め、40代~50代前半では60%
に達していたが、その一方でUVケアに対する意識はまだ低く、「必要だと
感じる」人の割合は35.6%。最も高い30代後半でも45.0%にすぎない。 
 しかし、2人に1人がアウトドアでのUVケアを行なっていることから、
Uvケアの日常的な必要性の啓発が進めば、アウトドアだけでなく幅広いシー
ンでUVケア製品の利用が男性の間で浸透していくと予想される。
 身体が大きく、1回の利用量が多い男性の利用が進めば、大容量タイプの
容器のニーズはさらに高まるはずだ。メンズUVケア商品の開発・普及が期待
される。

 石堂硝子では、こうしたUVケア市場の動向を踏まえて、遮光性や耐久性が
高く使い勝手の良い小容量の容器に加えて、新しく大容量容器の型を起こして
います。シンプルながらも印刷デザインによって多彩な個性を演出できる大容
量のUVケア容器にもご期待ください。

 

石堂硝子でも多彩な表現が可能な汎用性の高い容器を多数揃えて
いる。御社もシンプルな汎用型の容器を使ってオリジナリティあ
ふれるナチュラルコスメを開発してみてはいかがだろう。


サンプルご希望の方、詳細情報をご希望の方は下記メールよりお
問い合わせください。
問い合せ先 E-Mail: igweb@ishido-glass.co.jp

【会社概要】
大阪本社
大阪府大阪市東成区大今里西1-9-12
TEL 06-6971-3897
地図 : http://ishido-glass.co.jp/company/access.html

東京ショールーム
東京都渋谷区渋谷2-14-18 あいおい損保渋谷ビル6階
TEL 03-6418-1357
地図 :  http://ishido-glass.co.jp/company/access.html#tokyo

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング