「セブン銀行」と「もしもしホットライン」が銀行代理業委託契約を締結

PR TIMES / 2013年11月25日 13時3分

-セブン銀行の海外送金サービスに関する銀行代理業務を開始-

 株式会社セブン銀行(以下セブン銀行、東京都千代田区、代表取締役社長 二子石謙輔)と株式会社もしもしホットライン(以下もしもしホットライン、東京都渋谷区、代表取締役社長 竹野秀昭)は銀行代理業に関する委託契約を締結しましたのでお知らせいたします。

 もしもしホットラインは、セブン銀行が平成25年2月に設立した「海外送金カスタマーセンター」において、海外送金サービスに関するお問合せや申込書類の受付・ご照会等の対応を、9言語(日本語、英語、中国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語)で行う業務をセブン銀行から受託しておりますが、このたび銀行代理業の許可を取得し、以下の業務の受託も開始します。

 セブン銀行ともしもしホットラインは、これからもより便利なサービスの提供に努めてまいります。


(1)主な取扱業務
  ・ セブン銀行口座開設の媒介
  ・ 海外送金サービス契約締結の媒介

(2)開始時期

  平成25年11月25日


以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング