「花子とアン」 吉高由里子が4月14日(月)よりついに本格登場!初の和装・初の時代もの まったく新しい吉高由里子に注目

PR TIMES / 2014年4月15日 13時38分

初回視聴率21.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)で好調にスタートを切った連続テレビ小説「花子とアン」。4月14日(月)より第3週を迎え、ついに主演の吉高由里子が本格登場しました。

初の和装・初の時代ものに挑戦し、はなを演じるために数々のトレーニングを積んできた吉高由里子の演技に注目の第3週は、はなが初恋をする物語です。




■吉高由里子が4月14日(月)よりついに本格登場
 初回視聴率21.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を獲得し、好調にスタートした連続テレビ小説「花子とアン」は、はなの幼少期を終え、ついに4月14日(月)よりヒロイン・吉高由里子が本格登場しました。
 これまで数々の現代ドラマや映画で活躍してきた吉高由里子ですが、明治・大正時代のヒロインを演じるのは今回が初めてとなります。女学生のはかま姿や和装の髪型など、今までとはまったく違うイメージではなを演じます。


■吉高由里子の徹底した役作り
 今回、はなを演じるにあたり、吉高由里子は数々のトレーニングを積んできました。英語レッスンは、イギリス出身の先生も交えた個人レッスン。所作指導や書道指導に加え、生来の左利きではなく、右利きでペンや箸を持つ訓練もしてきました。また、52歳の花子を演じる場面では3時間かけた特殊メイクで熱演しており、吉高由里子の役作りに注ぐ想いが伝わってきます。

 脚本・中園ミホに「吉高さんが演じるはなを見ると、胸がキュンとなる」と言わせるほどに、表情豊かでみずみずしい吉高由里子の演技に注目です。

■第3週「初恋パルピテーション!」
 第3週の物語は、主人公はな(吉高由里子)が英語の大好きな女学生へ成長しているところから始まります。同級生が盛り上がる結婚相手の話題などは気にもせず、はなは英語の本に夢中で毎日読みふけっていました。ところがある日、奉仕活動として訪れた孤児院で出会った帝大生・北澤(加藤慶祐)に胸がときめいてしまうのです。

 はなの初恋の行く末に大注目の第3週となっています。


【放送予定】
第1週 「花子と呼んでくりょう!」 第1~ 6回 3月31日(月)~ 4月 5日 (土)※終了
第2週 「エーゴってなんずら?」 第7~12回 4月 7日(月)~ 4月12日(土)※終了
第3週 「初恋パルピテーション!」 第13~18回 4月14日(月)~ 4月19日(土)
第4週 「嵐を呼ぶ編入生」 第19~24回 4月21日(月)~ 4月26日(土)
第5週 「波乱の大文学会」 第25~30回 4月28日(月)~ 5月 3日 (土)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング