Amazon、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープン

PR TIMES / 2012年10月4日 16時11分

~世界の開発者に対し、年内日本で配信を予定しているアプリの登録受付を本日より開始~

Amazon.com (NASDAQ: AMZN) は、本日日本時間2012年10月4日に、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープンいたしました。これに伴い、世界の携帯アプリの開発者に対して、年内に日本で配信する予定のアプリの登録受付を開始いたしました。 URL: https://developer.amazon.com/welcome.html

同ポータルサイトのオープンは、今年初旬に発表したAmazonにおけるアプリ配信のグローバル展開の一環となります。Amazon のアプリ配信は、すでに米国において大変ご好評いただいており、非常に多くのお客様にスマートフォンやタブレット用のAndroidアプリをご購入、ご利用いただいております。さらに、このサービスを通じて、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインにおいても、開発者は事業を拡大し、欧州における新規顧客を開拓されています。既にアプリをご提供いただいている開発者からは、Amazonのアプリ配信サービスを通じた高い収益性についてご報告いただいております。また、簡単にアプリに組み込めるアプリ内課金APIを提供することで、仮想アイテムや定期購読コンテンツを含むアプリ内アイテムの販売をサポートしているほか、お客様がゲームをより楽しめるように、達成項目の確認、他のお客様とスコアやランキングなどを比較できるリーダーボード、お客様のゲームプレイを複数の端末間で同期できる機能を追加するためのAPIであるGameCircleも提供しております。

既にサービスを開始している米国・欧州のAmazon Appstoreでは、アプリを提供しているほか、お薦め機能、カスタマーレビュー、1−Click決済を含むAmazonの便利で信頼のおけるショッピング機能をご用意しています。さらに、お客様に安心してご利用いただけるように、同ストアではアプリを事前に審査するとともに、お客様のお問い合わせに応じるカスタマーサービスも提供しております。

「昨年米国でAppstoreを開始して以来、開発者の皆様は多数のアプリを販売し、グローバルにお客様を拡大されています。開発者の皆様は、世界中のより多くのお客様に向けてアプリを提供できる機会を求めています。このようなご要望をいただき、この度、日本でアプリを配信するサポートができることを大変嬉しく思います。」とAmazon Appstoreのヴァイスプレジデント、Jim Adkinsはコメントしています。「アプリ内課金およびGameCircleのようなAPIを通じてお客様にゲームを楽しんでいただくことで、ビジネスの成長にもつながっていると開発者様よりご報告いただいております。また、『本日限定 無料アプリ』のようなプロモーションをご利用いただくことで、Amazon Appstore内における露出を高めるサポートをさせていただいております。開発者の方々がAmazonのプラットフォームを通じて成功されていることを大変光栄に存じます。日本でもこのようなトレンドが生まれることを楽しみにしています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング