【栄養ドリンク飲料No.1調査~男性編~】“頑張りたいとき”に飲みたい栄養ドリンク飲料人気No.1は?

PR TIMES / 2014年2月5日 11時38分

12種類の栄養ドリンク飲料を、16の観点からランキング調査

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「日常的に栄養ドリンクを飲む」と回答した10代~60代の男性1,215名を対象に、16の観点からNo.1を決定する『好きな栄養ドリンク飲料ランキング調査』を実施しました。
集計データをまとめた全37ページの調査結果レポートを、「Fastask No.1グランプリ」ページ(https://www.fast-ask.com/report/no1-gp/index.html)から、無料でダウンロード提供します。



【調査結果の概要】

■“頑張りたいとき”に飲みたい栄養ドリンク飲料人気No.1は、『リポビタン D』

“頑張りたいとき”に飲みたい栄養ドリンク飲料を聞いたところ、50代を除いた全世代で『リポビタン D』(30.1%)が最も高い支持を獲得し、3人に1人が『リポビタン D』を選ぶ結果となりました。
2位は『ユンケル ローヤルC』(16.8%)、3位は『アリナミン V』(11.5%)でした。
ちなみに、50代で人気が最も高かった栄養ドリンク飲料は、『ユンケル ローヤルC』でした(26.9%)。

『リポビタン D』を選んだ理由として、「頑張りたいときはファイト一発」(50代男性)、「今まで頑張りたいときに飲んできたから」(20代男性)、「頑張りたいときは迷わず選ぶ」(40代男性)などが挙げられていました。日常的に栄養ドリンクを飲む層には「頑張りたいときは、リポビタン D」という認識が根付いているようです。


■効果が得られそうなネーミングは『ユンケル』、デザインでは『ゼナ』が最も高い支持

“一番効果が得られそうなネーミング”の栄養ドリンク人気No.1は『ユンケル ローヤル C』(26.0%)、“一番効果が得られそうなデザイン”の栄養ドリンク人気No.1は『ゼナ F-II』(24.9%)でした。

一番効果が得られそうなネーミングとして『ユンケル ローヤル C』を選んだ理由を見てみると、「ローヤルという表現がよい」(60代男性)、「ローヤルが効きそう」(50代男性)など、「ローヤル」という言葉がポイントになっているようです。
また、『ゼナ F-II』を選んだ理由としては、「黒っぽいデザインがいかにも秘薬という感じ」(50代男性)、「黒がベースで説得力がある」(10代男性)などが挙げられており、重厚感のある色味が効き目を効果的にアピールできているようです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング