大前研一の「アタッカーズ・ビジネススクール」【2014年5月開講】本気で起業したい人が集まる、本格起業塾

PR TIMES / 2014年4月21日 13時21分

~ 一流講師陣が、少数精鋭で直接指導!起業・新規事業へ、真剣勝負の場がここに ~

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営するアタッカーズ・ビジネススクール(大前研一監修、以下ABS)は、2014年5月より開講予定の通学講座【14年第2期】の受講生を募集開始しました。


ABSが目指しているのは、“アカデミックスマート”ではなく、“ストリートスマート”であること。起業に学歴やステータスは一切関係なく、起業すれば、様々な困難や高い壁に直面します。従来の学校教育で学んできた様な、一つの問題に対して一つの答えを導くというやり方では、困難を乗り越えることはできません。どうすれば局面を打破できるかを、自分の頭で考え、知恵を出す力が必要です。だからこそABSでは、全てを自己責任だととらえ、自らの頭で考え意思決定し行動する、“アントレプレナーシップ”を養います。

もちろん受講生の中には、いわゆるエリートと呼ばれる高学歴の方もいますが、そんな方もここでは、時には厳しい指摘を受け自分の無力さを知り、失敗しては落ち込み、仲間に励まされながら成長しているのです。

講義やワーク、課題も極めて実践的です。例えば、「アップル社がなぜ高い利益(率)を保持できるか理由を見出してください。(ビジネスモデルを描いて考察すること)」「現存する婚活ビジネスの弱点に着目し、あらためて徹底的にユーザー目線に立った婚活をコンセプトにした新しいスキームを考える。」「30人の避難所に、25足の靴が届いた。リーダーのあなたは、どうするか?」といったように、現実にあるケースや実際のビジネスを想定してトレーニングを行っていきます。
講義ではいつも、受講生が主役の舞台。トライする機会はいつも平等に与えられます。でもここに、一切強制はありません。積極的に発言し、チャレンジする人にチャンスが与えられる、そんな環境なのです。そして受講生に向き合う一流の講師陣も、熱く、そして愛情深い方々ばかり。それでいてフィードバックは極めてロジカルです。具体的に何がいけないのか、ということを明確にフィードバックしてくれます。これは本を読むだけでは、絶対に得られない“体験”となって受講生に刻まれていきます。

そしてなんといっても価値があるのは、人との出会いです。グループワークを通じて、事業プランを一緒につくった仲間とそのまま起業するということもあります。違った価値観やスキルを持ったビジネスパートナーとの出会いや、共に学んだ仲間が起業後の取引先、顧客になることも多々あるのです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング