新型コロナウイルスに有効とされる深紫外線LEDに関する米国での特許訴訟において、4社を提訴対象として追加       

PR TIMES / 2020年8月21日 9時15分

Inolux製、Vishay製、Luminus製及びLite-On製の深紫外線LED製品を提訴対象に追加することが、米国ミネソタ州連邦地方裁判所に認められました。

深紫外線LED(以下UV-LED)技術のパイオニアであるナイトライド・セミコンダクター株式会社(以下、「当社」)は、世界的な電子部品販売業者であるDigi-Key Corporationに対し、RayVio Corporation(以下「RayVio」)が製造し、Digi-Key Corporationが販売するUV-LED製品を対象として、特許権侵害差止・損害賠償請求訴訟を米国ミネソタ州連邦地方裁判所に提起していましたが、今般、同訴訟の提訴対象として、Digi-Key Corporationが販売する、Inolux Corporation製、Vishay Intertechnology Inc.製、Luminus Devices Inc.製及びLite-On Semiconductor Corp製のUV LEDを追加し、これを同裁判所が認める決定を出しましたことをご報告いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/30186/22/resize/d30186-22-712825-0.jpg ]

深紫外線LED(以下UV-LED)技術のパイオニアであるナイトライド・セミコンダクター株式会社(以下、「当社」)は、世界的な電子部品販売業者であるDigi-Key Corporationに対し、RayVio Corporation(以下「RayVio」)が製造し、Digi-Key Corporationが販売するUV-LED製品を対象として、特許権侵害差止・損害賠償請求訴訟を米国ミネソタ州連邦地方裁判所に提起していましたが、今般、同訴訟の提訴対象として、Digi-Key Corporationが販売する、Inolux Corporation製、Vishay Intertechnology Inc.製、Luminus Devices Inc.製及びLite-On Semiconductor Corp製のUV LEDを追加し、これを同裁判所が認める決定を出しましたことをご報告いたします。

当社は、UV-LED業界で最も早く創業した企業の一つです。当社は、徳島大学酒井士郎名誉教授と共同で2000年に世界で初めて高効率UV-LEDの開発に成功し、以降、UV-LED製品を製造・販売しているUV-LEDのパイオニア企業です。当社はこれまで、困難を極めたUV-LED開発・改良に大きな研究開発投資をして参りました。
当社のUV-LEDに関する特許技術を守るために、当社は、2017年以降、当社特許権侵害行為に対する法的措置を講じて参りました。2020年には、当社は、米国カリフォルニア州北部地区連邦地裁において、当社のUV-LEDに関する特許権を侵害していたRayVioに対する勝訴判決を得ました。同判決は、当社特許権の有効性についても当社に有利に判断したものです。また、米国特許庁は、RayVioが請求したIPR手続において、当社特許権の重要なクレームの有効性を確認する決定を出しています。

当社は、当社特許権等の知的財産権を極めて重要な経営資産と位置付けており、今後も、当社の知的財産権を侵害又は侵害するおそれがある行為に対しては、世界各国において断固たる措置を講じて参る所存です。

News release for overseas

Nitride Semiconductors Continues Enforcement against Infringement of its UV LED Patent

On Aug.20th, Nitride Semiconductors Co., Ltd. (“Nitride”), a pioneer of ultraviolet light emitting diode (UV LED) technology, hereby announces that, it has successfully filed an amended complaint against Digi-key Corp, a global electrical components distributor, in the U.S. District Court for the District of Minnesota, asserting infringement of Nitride’s UV LED patent.

According to the amended complaint, UV LED products being supplied by various LED companies – such as Lite-On Semiconductor, Luminus Devices, and Vishay Intertechnology - are infringing Nitride’s UV LED patent.

Nitride is one of the earliest ground breakers in the field of UV-LEDs. With Professor Shiro Sakai at Tokushima University, Nitride succeeded in developing highly efficient UV-LEDs as early as 2000. This was the first time in the world such a breakthrough in UV LED technology had been achieved. Nitride has continued to manufacture and sell UV-LEDs thereafter, and has invested enormously in R&D to develop and enhance its UV-LED technology.

To protect its UV LED patented technology, Nitride initiated its patent enforcement campaign starting in 2017. By virtue of such efforts, a judgment was issued out of the U.S. District Court for the Northern District of California in favor of Nitride and against RayVio Corporation (“Rayvio”) in 2020, who infringed Nitride's UV LED patent. That judgment was also in Nitride’s favor with respect to the validity of its patent. The U.S. Patent & Trademark Office has also confirmed the validity of the key claims of Nitride's patent in its final judgment on an Inter Parte Review case filed by RayVio.

Nitride considers its intellectual property rights to be vitally important company assets. Accordingly, Nitride will take any and all action necessary to enforce its patent against infringers in any country and uphold its patents and other intellectual property rights.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング