【お知らせ】クラウドファンディング第三弾!

PR TIMES / 2020年11月4日 15時45分

共に作ろう僕たちの #ブルズアリーナ !!

岩手ビッグブルズでは、矢巾町にある旧アイワ体育館を岩手ビッグブルズ専用の練習場として利用することが決まりました。利用するにあたり、現在雨漏りをしている屋根やアリーナの床、照明などを新しくするほか、プロ仕様のバスケットゴールの設置、トレーニング室の改修などを行う予定です。今回のクラウドファンディングでは、ファンの皆様が気軽に練習見学ができ、選手とも触れ合える楽しい空間にしていくための費用としても使用させていただきます。



【クラウドファンディング第三弾!共に作ろう僕たちの #ブルズアリーナ】
■開始日     
2020年11月1日(日)12:00

■目的      
ファンや子供たちが気軽に立ち寄り、選手と一緒に楽しめるブルズアリーナに必要な設備・備品の購入

■目標金額    
200万円

■終了日     
2020年12月25日(金)※一部返礼品除く

■特設サイト   
https://www.spportunity.com/iwate/team/347/detail/

■リターン    
詳細は特設サイトでのご確認となりますが、一部メインリターンをご紹介いたします。
[開幕戦に段ボールブースターを設置しよう!]
2020-21シーズンでは、アリーナ内に使用不可となる座席を設ける必要があります。
それら空けた座席を少しでも埋めるため、クラウドファンディング支援へのリターンとして 、段ボールブースターをご用意し、アリーナ内の座席に配置する予定です。
※対象となる試合は、ホームの開幕戦の試合となります
段ボールブースターを通じて、選手を勇気付けて頂けると勝利への大きな後押しとなります!
段ボールブースターは、ファンのご自身の顔写真を掲載することもできますし、ご自身の顔写真の段ボールブースターと共に選手とのツーショット写真を撮ってプレゼントするリターンもご用意しております。

《資金使途》
〇段ボールブースターの制作・設置
〇コロナ収束後、ファンが気軽に見学できるベンチの購入・設置
〇楽しく談笑できるような休憩スペース用の机・椅子の購入・設置
〇ファンの皆さまとパブリックビューイングを開催するための暗幕やパイプ椅子・収納台の購入・設置
(※プロジェクターやスピーカーはレンタルを想定)

もしも、目標金額を超えた場合や費用が安く抑えられた場合は、次のものを購入・設置もさせて頂ければと考えております。
ロッカー、テーブル、担架・担架ボックス、モップ・モップハンガーなど備品の購入・設置
ファンの皆さま応援メッセージや画像を投影するデジタルサイネージの購入・設置
※なお、目標金額に達しなかった場合は、集まった金額に応じて上記の資金使途の中から実現可能なものを優先して使わせて頂きます。ファンの皆さまのため選手のため最大限有効活用させていただきます。
[画像: https://prtimes.jp/i/40074/22/resize/d40074-22-311191-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング