1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アイ・グリッド・ソリューションズ脱炭素社会の実現を目指す「CO2ゼロ アクション プロジェクト」開始

PR TIMES / 2021年3月25日 17時45分

~再生可能エネルギーで地球にやさしく、未来につなげるエシカルな暮らしを。第一号はシェアハウス!~

CO2削減と経済性を両立させるグリーンテクノロジーを推進する株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(代表取締役社長:本多 聰介、本社:東京都千代田区、以下:アイグリッド)は、脱炭素社会の実現のために、再生可能エネルギーを推進する取り組みとして、「CO2ゼロ アクション プロジェクト」を開始いたします。






[画像1: https://prtimes.jp/i/43561/22/resize/d43561-22-920611-0.jpg ]


■ CO2ゼロ アクション プロジェクトについて
今回のプロジェクトはアイグリッドの再生可能エネルギーの電気ブランド「スマ電CO2ゼロ」をご契約いただいた事業所や店舗(シェアハウスや飲食店、ジム、サロンなど)のみなさまと一緒に脱炭素社会の実現に向けて一緒に推進していくプロジェクトです。

「スマ電CO2ゼロ」をご利用いただくことで、店舗での電気使用におけるCO2排出量がゼロとなり、脱炭素社会の実現につながっていきます。電気という目に見えないものを通じたエコな活動を可視化するためにアイグリッドよりステッカーを発行し、店舗に貼っていただきます。さらに、そのステッカーを通じて見ていただいた人々にも環境意識をより高めていただければと考えています。

このプロジェクトに賛同いただいた第一号として、シェアハウス Bedgasm Homes (ベッドガズム ホームズ)(東京都台東区入谷2-29-2)がこのたび、スマ電CO2ゼロでの電気のご利用を開始いたしました。

シェアハウス Bedgasm Homes (ベッドガズム ホームズ)は、昨年までは外国人観光客向けのホステル(Hostel B
[画像2: https://prtimes.jp/i/43561/22/resize/d43561-22-749755-1.jpg ]

edgasm)として運営をしていました。外国人観光客向け旅行サイトでは上位の評価を得る程評判のホステルでリピーターも多数。外国人観光客のコミュニケーションの場としてにぎわっていたそうです。ところが、昨年新型コロナウイルスの影響で、大きく事業転換を余儀なくされました。4か月間の休業期間中、オーナーの岩谷明さんは環境の変化に合わせて事業方針を見直すにあたり、ご自身の環境問題に対する意識も大きく変化。そうしたタイミングでこのプロジェクトを知り、地球環境保全のために、よりよいものを取り入れていこうと決められました。


【シェアハウスオーナー岩谷さまのコメント】

[画像3: https://prtimes.jp/i/43561/22/resize/d43561-22-923579-2.jpg ]

コロナの影響は計り知れないものでした。今まで当たり前に受け入れてきた外国人観光客が一切来ることができな


い。当施設を利用していただけるお客様が喜んでくれて、また来てくれることが何よりの喜びであったのに、途絶えたことは本当に残念で仕方がなかったです。しかし、休業を余儀なくされたことで、じっくりとこれからのことを考えることができたので、前向きにとらえるといい時間だったと思います。そんな中でこの施設をシェアハウスへと転換し、このプロジェクトを知りました。シェアハウスは人とのつながりがとても強い場所です。みんなで使う電気を環境にいいものにすることで、一緒にエコ活動ができるというのは素晴らしいことだと感じました。
このステッカーを貼っておくことで、住人たちの意識も自然と変わっていくと思います。電気だけでなく、水の出しっぱなしや食べ残しを減らすなどの意識も広がっていくことを期待しています。


アイグリッドでは、「再エネを誰かの特別なものにするのではなく、ごく当たり前に使える世の中にしたい」という思いのもと、環境配慮につながる事業を展開してまいりました。環境配慮の意識への関心は高まってきています。一方で「環境にいいことは、手間やお金がかかる」というイメージがあると思いますが、誰もが当たり前に使っている電気を再エネに変えるだけで地球にいいことが始められます。引き続きこのプロジェクトを通じて、再エネを身近に感じてもらい、脱炭素社会の実現、環境課題への解決に貢献していきたいと考えております。


■スマ電CO2ゼロについて


アイグリッドが提供する電気ブランド「スマ電CO2ゼロ」は、 CO2排出量ゼロとなる電気※です。
「スマ電CO2ゼロ」はグループ会社VPP Japanで所有する太陽光発電所で発電された再生可能エネルギーの調達・供給が可能であり、段階的に拡大する事で再エネおよび非化石証書の調達コストを抑制し、リーズナブルな価格とCO2排出量ゼロの両立を実現しています。
日本が掲げる「2050年CO2実質排出量ゼロ」の実現に向けて、ご家庭から法人までクリーン電力を推進してまいります。

※再生可能エネルギー指定の非化石証書を組み合わせることで、実質的に再生可能エネルギー比率100%かつCO2排出量ゼロの電気の供給を実質的に実現します。


■Bedgasm Homes (ベッドガズム ホームズ)について
市街の景色を望むテラスを設置。バー、エアコン付きのお部屋(無料WiFi、共用バスルーム付)を提供しています。共用キッチンと共用ラウンジを提供
住所:東京都台東区入谷2-29-2/オーナー:岩谷明/連絡先:070-4075-4289
email:info@hostelbedgasm.com
Instagram: https://www.instagram.com/hostelbedgasm


■株式会社アイ・グリッド・ソリューションズについて
アイ・グリッド・ソリューションズはAIによるエネルギーマネジメント、企業や家庭向けの電力供給、太陽光発電によるVPP事業を展開し、分散型電源を中心としたエネルギープラットフォーム構築を目指します。

社名: 株式会社 アイ・グリッド・ソリューションズ
本社所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町3-7-4
代表者:代表取締役社長 本多 聰介
資本金:480百万円(2020年8月末)
従業員:100名
設立:2004年 2月
会社HP: http://www.igrid.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング