ユニセフ 『祈りのツリー プロジェクト』高さ8mのビッグツリー、気仙沼「復興屋台村」に再び

PR TIMES / 2012年11月30日 14時45分

「祈りのビッグツリー」点灯式:12月2日(日)16:30~
地元の子どもたちも、オーナメントづくりに参加




東日本大震災で被災した子どもたちに、笑顔と心あたたまるクリスマスを届けたい。そんな想いのもとに、様々な分野のクリエーターや美大生が、企業や大学の垣根を越えて集結して始まったユニセフ「祈りのツリー プロジェクト」。昨年に続き、今年も1200人のクリエーターや美大生などが、子どもたちへの想いを込めてオーナメント(クリスマスツリーの飾り)をデザイン。そのオーナメントで彩られた「祈りのビッグツリー」が都内5ヶ所と東北6ヶ所に次々誕生しています。

子どもたちの幸せを祈るシンボルとして各地に登場している「祈りのビッグツリー」の最後を飾る1本が、12月2日(日)、宮城県気仙沼市に登場します。昨年に続き、復興屋台村「気仙沼横丁」中央の“きずなの塔“(到達した津波の高さに合わせて作られた高さ8メートルの塔)をクリスマスツリーに仕立て、クリエーターたちが製作したオーナメントと、2日午前中に子どもたちが参加するワークショップで作成されたオーナメントで飾り付けます。

報道関係の皆さまにおかれましては、ぜひイベントの様子をご取材いただきたく、ご案内申し上げます。

【イベント詳細】
開催日: 12月2日(土) 
開催場所:復興屋台村 気仙沼横町 きずな広場 (〒988-0017 宮城県気仙沼市南町4-2-19)
当日のプログラム:
10:00~12:00 子どもたちのオーナメントづくりワークショップ (メディア受付 9:30)
10:00~      祈りのビッグツリー 設置作業
15:30頃     祈りのビッグツリー 完成
16:30~16:45  イルミネーション 点灯式 (メディア受付 16:00)

当日連絡先 : 日本ユニセフ協会 広報室 井上 (携帯:090-6015-1632)

本プロジェクトでは、気仙沼を含め、12月2日(日)と10日(月)の2回に分けて、岩手、宮城、山形(福島からの長期避難者対象)にて、子どもたちとのオーナメント作りワークショップをおこないます。青い帽子の“ユニセフサンタ”に扮した有志のボランティア約100名(3県合計)が、クリエーターが制作したオーナメントを届けると同時に、子どもたちのオーナメント作りをお手伝いし、被災地のクリスマスを盛り上げます。

【気仙沼と同時開催される岩手でのオーナメント作りワークショップ 詳細】
1. マリンコープDORA (岩手県宮古市小山田2-2-1) 1F入り口付近
-開催日時 : 12月2日(日) 9:30~11:00 ―参加人数 : 親子30組(先着)
* お父さんの子育て支援事業の一環で、お父さんと一緒の参加を呼びかけています。
2. シーサイドタウン マスト (岩手県上閉伊郡大槌町小鎚27-3-4) 2F吹き抜け横通路
-開催日時 : 12月2日(日) 10:30~12:00
―参加人数 : 50組(先着/親子でも、子どもだけでも可)
*ワークショップ第2弾<12月10日(月):宮城県(石巻市・亘理町)と山形県(山形市・米沢市)>の詳細は、後日ご案内いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング