『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 』映画化決定

PR TIMES / 2014年6月11日 13時1分

『キャプテンハーロック』 を手掛けたMARZAが、 米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと新作映画を共同製作!

マーザ・アニメーションプラネット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:前田雅尚、以下MARZA)は、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下SPE)と共同して、人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 』の映画化を決定いたしました。この作品は、実写+CGアニメーション映画として制作される予定です。




Evan SusserとVan Robichauxの脚本のもと、プロデューサーには『ワイルド・スピード』シリーズや多くのヒット作で知られるNeal H. Moritzを筆頭に、MARZAの伊藤武志、大西美枝、またエグゼクティブプロデューサーとしてToby Ascherが参加し、SPEの制作統括はHannah MinghellaとAndrea Giannettiがつとめます。

本作では、株式会社セガが生み出した世界的人気キャラクター「ソニック」を主人公に、ライバルのDr.エッグマンをはじめ、ソニックシリーズでおなじみの人気キャラクターたちが、初めてスクリーンに勢揃いする予定です。陽気でやんちゃなだけでなく、超音速スピードで駆け抜け仲間を敵から守るソニックは、ゲームやアニメを通じて世界中の子供たちから愛されております。本作では、世界中のソニックファンはもちろん、より多くの方々に彼の魅力を発信していきたいと考えております。

MARZAは、日本でトップクラスのCGアニメーション制作技術を有するだけではなく、グローバル市場をターゲットに置いた日本で唯一のCGアニメーション会社です。日本のスタジオに加えて、ロサンゼルスにMARZA USAというストーリー開発拠点を設置することにより、日本のクリエイティビティとグローバルなストーリーテリングの融合を目指し、今後とも日本から世界へ向けてCGアニメーションを制作してまいります。

Evan Susser&Van Robichaux / 脚本
ともにロサンゼルスのUCB Theatreを卒業。
スターウォーズ登場キャラクター・チューバッカの伝記映画『Chewie』にて、製作前の脚本をハリウッドのスタジオ重役らの人気投票によってランキングする「ザ・ブラックリスト2011」で3位を獲得。現在、注目を集めている脚本家コンビである。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング