1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

◆【現役の小中学生女子200名へ「美容」と「整形」に関する意識調査】 なぜ美容? 7割「可愛くなりたい」 ~ 美容の情報源は「YouTube」/小学生2割・中学生4割が「将来、整形したい」と回答

PR TIMES / 2021年7月8日 15時15分

◎【夏休み直前! 小・中学生が今、もっとも憧れる女性有名人は?】小学生は「今田美桜」「広瀬すず」(同率)が1位、中学生は「橋本環奈」が1位にランクイン(敬称略)



有名タレントが整形手術を公表すると肯定的な意見が溢れるなど、昔に比べ世間の価値観も格段に変化し身近になった【美容整形】。 美容外科『東京イセアクリニック』(医療法人社団心紲会/新宿区 総院長・吉種克之、以下「当院」)が今春、10代女性(主に16歳~19歳のハイティーン)を対象に行なった調査(※1.)では、9割以上が「美容整形したい(91.8%)」と回答。埋没法や涙袋形成ほか【目元】が人気になるなど美容整形に対する肯定的な価値観が表れました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-e08ef8b91db0dcc90f33-0.jpg ]


そこで当院では物心ついた時からスマートフォンに慣れ親しんだデジタルネイティブでもある1990年代半ば以降から2012年ごろに生まれた『Z世代(ジェネレーションZ)』の中でも「小学生25名・中学生175名の計200名(女性8歳~15歳)」を対象に【小・中学生の「美容・整形」に関する意識調査】を実施(2021年6月2日~6月21日の19日間/株式会社テスティーによるインターネット調査)いたしました。

調査の結果、【美容を行う理由】トップ回答には小・中学生ともに「可愛くなりたい(小学生66.7%・中学生70.6%)」、次点に「自信をつけたい(小学生41.7%・中学生64.1%)」と回答。また、中学生の7割(66.3%)が日焼け止めなどの「UVケア」をしているなど小・中学生のリアルな現状が判明しました。

【美容の情報源】には、小・中学生ともに「YouTube」がテレビを抑え1位に。中学生に至っては、2位に「Instagram(57.7%)」、3位「TikTok(54.9%)」が続くなど、情報収集は主にSNSがトップ3を独占。 デジタルネイティブならではの結果も分かりました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-ab33d7926d1d5c1070ad-7.jpg ]

また、近年SNSやYouTubeでは自ら美容整形手術を行なったことを包み隠さず公表する人が多く見受けられる中で、現役の小中学生が感じている【美容整形への興味】についても調査。
「将来、プチ整形してみたいですか?」の問いに対し、「したくない (小学生 68.0%・中学生 44.0%)」の回答が大半を占めるも、「整形してみたい」と回答した小学生は2割(20.0%)、中学生は約4割(38.9%)にのぼるなど、美容整形への意識を持つ小中学生も一定数いることも浮き彫りになりました。



美容整形に関するデータと、美容外科『東京イセアクリニック』総院長による解説



[画像3: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-211d31fbbbee5b816f89-12.jpg ]

当院の場合、【2015年~2020年の6年間を比較】すると10代患者さまの来院者数は4.0倍(前年比:2.0倍)に。中でも最もポピュラーな二重手術「目元の整形(埋没法・切開法ほか)」をした10代患者件数は約38.5倍へと増加(前年比:2.3倍)。「プチ整形(埋没法・注入)」をした10代患者件数は24.6倍へと増加(前年比:2.2倍)するなど変化が伺えます。(リード文下に、各グラフ・データを記載しています)

またティーン世代に限らず、最近の傾向としては新型コロナウイルスの影響で人に会う機会が減ったため、通常は懸念される「ダウンタイム(整形手術後の腫れなどが回復するまでの期間)」を他人に見られずに済むことやマスク生活が主流なのが好都合と【コロナ整形】や【巣ごもり整形】にも注目が集まっています。 マスク着用の生活以外にも、リモートワークや美容整形大国の韓国への渡航が難しくなったことなど、コロナ禍による環境の変化が国内で美容整形が注目される要因に。


[画像4: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-3e5001e49b8743410c04-9.jpg ]

「未成年は容姿、特に目にコンプレックスを抱きやすい傾向にある。アイプチやアイテープで二重にしている人が、化粧時間の短縮や瞼のかぶれなどのトラブル回避のために【普段の化粧の延長】として二重のプチ整形を受ける方も多い」とは、当院総院長の吉種克之医師・談。

●近年、若年層の間で「美容整形」をする方が増えている理由
●小・中学生の美容整形について(行なう際の注意点)
●親世代に伝えたいこと
●デメリットについて
ほか、「10代の美容整形」に関しても別途詳しく解説しております。(スクロール下に記載)

※リード文中1.:【参考】未成年122名へ「美容整形事情」を調査(2021年4月):
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000026711.html


▼10代患者さま来院者数…4.0倍(前年比:2.0倍)

[画像5: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-f9bef1cd1feb2d1570b0-1.jpg ]


▼二重手術「目元の整形(二重の埋没法・切開法ほか)」をした10代患者件数…約38.5倍(前年比:2.3倍)

[画像6: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-73576ee2f534f2cbe258-2.jpg ]


▼「プチ整形(二重埋没法・注入施術」をした10代患者件数…24.6倍(前年比:2.2倍)

[画像7: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-e09facee778a3fac6e0e-3.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/26711/table/23_1.jpg ]



各質問別/詳細
  ▼



1.【現在行っている美容】小学生の半数「何もしていない(52.0%)」、中学生の7割は「UVケア(66.3%)」

◎次点に、小学生「ダイエット・筋トレ(20.0%)」、中学生「体毛ケア(56.0%)」
◎中学生の5割以上が「UVケア(66.3%)」「体毛ケア(56.0%)」「へアケア(54.3%)」「スキンケア(53.1%)」をしている結果に
―――

●質問/現在、行なっている美容は何ですか?(複数回答)

【小学生】
1.とくになし   52.0%
2.ダイエット・筋トレ    20.0%
3.UVケア/スキンケア(同率)      16.0%
5.ネイルケア   12.0%
6.体毛ケア/ヘアケア/メイク(同率)   8.0%
➈歯の矯正/においケア(同率)    4.0%
11.まゆ毛ケア/プチ整形(同率)    0.0%

【中学生】
1.UVケア        66.3%
2.体毛ケア 56.0%
3.ヘアケア  54.3%
4.スキンケア  53.1%
5.ダイエット・筋トレ 48.6%
6.メイク  35.4%
7.まゆ毛ケア 22.9%
➇においケア 21.7%
➈歯の矯正 17.1%
10.ネイルケア 16.6%
11.とくになし 12.6%
12.プチ整形 2.9%


その他(自由記述): マッサージ (12歳・中学生)、規則正しい生活 (14歳・中学生)など

[画像8: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-5c6bc508c3b21e7f78dc-4.jpg ]




2.【美容を行う理由は?】小・中学生ともに7割が「可愛くなりたいから」と回答(小学生66.7%・中学生70.6%)

◎次点に、小学生の4割(41.7%)、中学生の6割(64.1%)が「自信をつけたい」と回答した
◎中学生の半数以上が「第一印象を良く見られたい(56.2%)」と周りを意識していることが判明
―――

●質問/美容を行っている理由を教えてください。(複数回答)
※質問1にて「現在、美容を行っている」方のみ回答

【小学生】
1.可愛くなりたい 66.7%
2.自信をつけたい 41.7%
3.モチベーションが上がる/楽しい(同率) 25.0%
5.有名人のような容姿になりたい/当たり前/友達との話題に上がる(同率)  16.7%
8.第一印象をよく見られたい/モテたい/大人っぽく見られたい(同率)      8.3%
11.周りもやっている/流行についていきたい(同率)            0.0%

【中学生】
1.可愛くなりたい 70.6%
2.自信をつけたい     64.1%
3.第一印象を良く見られたい 56.2%
4.モチベーションが上がる 43.1%
5.モテたい 40.5%
6.有名人のような容姿になりたい 35.3%
7.楽しい 34.0%
➇周りもやっている  26.1%
➈大人っぽく見られたい  24.8%
10.流行についていきたい  21.6%
11.当たり前  20.9%
12.友達との話題に上がる        17.6%


その他(自由記述):
今の姿が嫌いだから (12歳・中学生)
将来の夢がKーPOPアイドルなので、体型や肌に気をつけています。 (15歳・中学生)
推し活のため (13歳・中学生)
憧れの人に追いつきたいから、おしゃれしている自分が好きだから (12歳・中学生)
劣等感を抱きたくないから (13歳・中学生)

[画像9: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-a24efc5c45b370fa0f48-5.jpg ]




3.【美容の情報源は?】小・中学生ともに「YouTube」がトップに(小学生:44.0%・中学生:65.7%)

◎中学生は2位「Instagram(57.7%)」、3位「TikTok(54.9%)」とSNSが中心となる結果に
―――

●質問/美容の情報はどこで知りますか?(複数回答)

【小学生】
1.YouTube   44.0%
2.アプリ    32.0%
3.TikTok/テレビ番組(同率) 28.0%
5.家族/情報収集していない(同率)   24.0%
7.友人                 20.0%
➇インターネット記事/雑誌(同率)   12.0%
10.Instagram/Twitter(同率)     4.0%

【中学生】
1.YouTube  65.7%
2.Instagram      57.7%
3.TikTok      54.9%
4.友人       35.4%
5.インターネット記事     29.7%
6.テレビ番組      25.7%
7.アプリ/家族(同率)     23.4%
➈雑誌     19.4%
10.Twitter    16.6%
11.情報収集していない   10.9%


その他(自由記述):
いつの間にか知っている (12歳・中学生)
すきなアイドルの子が教えてくれたり、エッセイなどの本に書いてあるメイクを見たり (14歳・中学生)

[画像10: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-f5ad717e19986aed810e-6.jpg ]




4.【整形への興味】小学生は2割(20.0%)、中学生は約4割(38.9%)が「整形してみたい」


●質問/あなたは、将来『プチ整形』をしてみたいと思いますか?(単一回答)

してみたい      小学生 20.0%、 中学生 38.9%
どちらともいえない  小学生 12.0%、 中学生 17.1%
したくない      小学生 68.0%、 中学生 44.0%

[画像11: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-ab33d7926d1d5c1070ad-7.jpg ]




5.【憧れの女性有名人】小学生トップは「今田美桜」「広瀬すず」、中学生トップは「橋本環奈」(敬称略)


●質問/あなたが憧れる大人の女性有名人・芸能人は誰ですか?(自由記述)

【小学生】
1位:今田美桜/広瀬すず(同率)
3位:浜辺美波
4位:石原さとみ/橋本環奈(同率)

その他(順不同)
中条あやみ
西野七瀬
新垣結衣
上白石萌音
諸星すみれ
戸田恵梨香
永野芽郁
ITZY

【中学生】
1位:橋本環奈
2位:今田美桜
3位:TWICE/永野芽郁(同率)
5位:石原さとみ

その他(順不同)
浜辺美波
広瀬すず
有村架純
新垣結衣
ITZY
BLACKPINK
長澤まさみ
小坂菜緒

[画像12: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-39acab96b9950e8eb392-8.jpg ]




【小・中学生の「美容整形」について】 東京イセアクリニック 吉種克之総院長による解説


■近年、若年層の間で「美容整形」をする方が増えている理由

[画像13: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-f8ce041198eb301ed7be-10.jpg ]

「美容整形は隠すもの」だったのが、いまでは「整形は公表する時代」へ変わってきた事が挙げられます。SNSやYouTube、口コミアプリ等を通じ、自ら美容整形手術を行なったことを包み隠さず公表する人が増加しています。

整形手術をされた方々がネット上で【クリニック名・執刀医・整形内容・手術時の様子・術後のダウンタイム・整形前と整形後の比較・手術の感想やアドバイス】などを写真や動画ほかで公開しているため、インターネットやSNSの普及により美容整形に関する情報を容易に知る機会が増えたことや、それによる安心感も要因のひとつであると考えます。

また、美容整形に対する世間の価値観も変化し、有名タレントが輪郭矯正の整形手術を行なったことを公表すると、肯定的な意見が溢れるなど、昔に比べると格段に身近になったと思います。コンプレックスを手軽に修正ができる写真加工アプリも多く登場し、自分自身をより美しく綺麗に加工し「理想の自分」を作り上げることがたやすくなったいま、「加工前の自分(現実)を、加工後の自分(理想)に近づけたい」と、希望される方も多いように感じます。

■小・中学生の美容整形について
多感な時期にある小・中学生は、大人が考えられないくらいのコンプレックスを抱えていることがあります。その悩みが美容整形によって改善できるのであれば悪いことではないと思いますが、むやみに整形する事は避けるべきです。

カウンセリングでは、施術の適応の有無を判断するのはもちろん、施術のリスクなどもすべてを納得し、それを踏まえて本当に施術したいかを見極めなけばなりません。とくに、小・中学生は心身ともに成長過程にあるので、「本人がやりたいという意思が確認できるのか」「自分が何のために整形し、どのような容姿になりたいのか」「なぜ整形したいのか」の理由が明確であり、本人が自分の意思を伝えることができるかなども重要であると考えます。

■親世代に伝えたいこと
心身ともに成長過程にあるご年齢の患者様は、親権者の方と一緒に医師のカウンセリングでしっかりお話を聞いていただき、『本当に施術したいのか』など親権者の方と時間をかけて相談していただくことも大切です。やるかやらないかについては医師が決める必要はないと思いますし、お子さんにとってプラスに働く場合のみ施術する必要があると思います。ご家族の方も頭ごなしに否定するのではなく、相談しあって、解決策を見つければよいと思います。
まずはお子さんの気持ちを第一に親が一緒になって悩んであげることも大切なのではないでしょうか。

※当院では満15歳未満の方がカウンセリングを一人で受ける場合、「個人情報の取り扱いに関する同意書」が必要です。

■デメリットについて
骨格が完成するのは大体15歳であるため、ある程度顔の完成がされる前に大掛かりな手術をすることもデメリットに挙げられます。また、施術には痛みが伴うので、とくに小・中学生は「施術や施術後の痛みに耐えられるか」など、痛みによる精神的負担もデメリットに挙げられます。

※当院では満20歳未満の方が施術を受ける場合、「親権者同意書」が必要です。( https://www.tokyoisea.com/minority.html



■東京イセアクリニック総院長 /吉種克之(よしたね・かつゆき)



[画像14: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-f2bdea2f0861953bca99-13.jpg ]

東京医科大学 卒業。 昭和大学形成外科にて外科、整形外科、麻酔科での研修を行なった後、大学関連病院にて形成外科、美容外科の研修、大手美容外科クリニックの理事、指導医、診察部長を経て、2010年に東京イセアクリニック 診療部長に就任。

現在、イセアクリニックの総院長ならびに美容外科部長、銀座院院長を兼任


所属学会/日本形成外科学会 認定専門医、日本美容外科学会 認定専門医

▼参考資料: 【入籍直後の29歳女性】総額250万で「全顔フル整形」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000026711.html



■美容外科『東京イセアクリニック』(渋谷院・銀座院)


[画像15: https://prtimes.jp/i/26711/23/resize/d26711-23-aa91fcb8c2115217aa77-11.jpg ]

◎予約専門無料ダイヤル :0120-963-866
◎診療時間 :11:00~20:00(不定休、予約制)
◎公式ホームページ: http://www.tokyoisea.com

・公式Instagram:
https://www.instagram.com/iseaclinic/

・公式Twitter:
https://twitter.com/iseaclinic


■【参考】直近のイセアクリニックによる『美容整形』に関するアンケート調査リリース
※美容整形に関するデータ数値や傾向など、一番下に記載の広報窓口へお気軽にお問い合わせください

▼ 2021年4月20日配信:
【未成年122名へ「美容整形事情」を調査】10代女性の9割以上「整形したい」と回答、うち半数「二重希望」
~ 整形する未成年の傾向は? その親世代の考えは? 未成年が整形する際の注意点は? ほか総院長が解説
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000026711.html

▼ 2020年12月16日配信:
整形したら… 9割以上「周囲に隠さない(95.9%)」、4割「SNSで発信したい(41.2%)」
~ “整形手術を決意”し来院された女性患者さま245名に聞く
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000026711.html


■【参考資料】入籍直後の29歳女性が総額250万で「全顔フル整形」、一部始終公開
フジテレビ『ザ・ノンフィクション』前チーフプロデューサーの張江泰之氏が総合プロデュース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000026711.html


■【参考動画】形成外科医すずちかch(鈴木知佳医師)/東京イセアクリニック
二重埋没で綺麗なのラインは作れるの!?アイプチで皮膚が伸びても大丈夫!?

https://youtu.be/H0FHaseSibo


■「東京イセアクリニック」ダイジェスト動画

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=XMib8w1aubs ]




アンケートリリースに関するお問合せやご取材は、下記までご連絡ください。

【東京イセアクリニック/医療法人社団心紲会】
http://www.tokyoisea.com
広報部:伊藤 有堀 下谷
pr@junikai.or.jp
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル8階
Tel. 03-5291-5270

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング