初音ミクが人気IPとゆるっと可愛いコラボレーション!「すこぶる動くウサギ」コラボLINEスタンプ、本日より配信開始!

PR TIMES / 2021年2月26日 11時45分

本日2021年2月26日(金)より、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下クリプトン)は、自社が展開するバーチャル・シンガー『初音ミク』と株式会社DK(本社:熊本県熊本市、代表取締役:古賀大資)の「すこぶる動くウサギ」のコラボレーションLINEスタンプを配信いたします。本コラボレーションは『初音ミク』と海外で人気の高いIP(知的財産)とのコラボレーションを実現させる企画「MikuWorldCollab(ミク ワールド コラボ)」の一環です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/52709/23/resize/d52709-23-535743-0.jpg ]


本日2021年2月26日(金)より、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下クリプトン)は、自社が展開するバーチャル・シンガー『初音ミク』と株式会社DK(本社:熊本県熊本市、代表取締役:古賀大資)の「すこぶる動くウサギ」のコラボレーションLINEスタンプを配信いたします。本コラボレーションは『初音ミク』と海外で人気の高いIP(知的財産)とのコラボレーションを実現させる企画「MikuWorldCollab(ミク ワールド コラボ)」の一環です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/52709/23/resize/d52709-23-926219-1.png ]


▼LINEスタンプ「初音ミク ×すこぶる動くウサギ」※有料
世界で人気の「初音ミク」とすこぶる動くウサギのコラボスタンプが登場!可愛くてちょっとシュール?で、日常使いのしやすいスタンプです♪
配信先: https://line.me/S/sticker/14502448


「すこぶる動くウサギ」は躍動感のある動きが魅力的なキャラクターで、LINEやカカオトークのスタンプとして登場したことをきっかけに、アジア圏を中心に人気を博している日本発のIPです。本コラボレーションでは、「すこぶる動くウサギ」シリーズの作画をご担当されているねも太郎氏が、ゆるっと可愛いコラボイラストを新たに描き下ろしてくださいました。

今後カカオトークからもスタンプ配信を予定しているほか、2021年中に同イラストを用いた商品の展開も予定しております。ゆるっと可愛いコラボレーションの続報に、ぜひご期待ください。


「MikuWorldCollab」関連の情報は、下記の公式Twitterアカウントより随時お知らせいたします。

初音ミク 公式Twitter(日本語): https://twitter.com/cfm_miku
初音ミク 公式Twitter(英語): https://twitter.com/cfm_miku_en


クリプトンは今後も世界を視野に入れて、様々なクリエイターとのコラボレーション活動に尽力いたします。『初音ミク』が様々な世界の人気IPとコラボレーションする「MikuWorldCollab」の展開に、ぜひご注目ください。


【お問い合わせ先】
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 海外ライセンス担当
E-mail:piapro@crypton.co.jp


------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<参考情報>

▼『初音ミク』とは  https://piapro.net/
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが『初音ミク』で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっております。

▼「すこぶる動くウサギ」とは  http://dk311.jp/Extremely-Rabbit/
株式会社DKが展開する、やたらとテンションが高く、元気いっぱいでかわいい、すこぶる動くウサギです。作画担当はねも太郎氏。LINEやカカオトークのスタンプとして登場したことをきっかけに、海外でも人気を博しました。「すこぶる動くネコ」や「すこぶる動くちびウサギ」などの仲間たちも増え、「すこぶる」シリーズとしてグッズやアプリなど幅広く展開中です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング