苦しいときだけ出会える、ある女の子がいます

PR TIMES / 2015年10月27日 11時15分

鉄拳×水野敬也 大人気コラボレーション作品 第3弾 「もしも悩みがなかったら」 10月30日(金)発売!

人生に絶望した主人公と、「悩み」の化身「悩美ちゃん」の物語
人生に迷い、立ち止まっているあなたに。読めば今すぐ動き出したくなる、名作誕生。突然、僕のもとに姿を現した不思議な女の子、「悩美」。 僕の感情ひとつで、ふくらんだりちぢんだりをくり返す、彼女が教えてくれた「悩み」の真実とは?



■ 水野敬也自身も悩みだらけの人生を送ったからこそ導き出せた「悩み」への向き合い方とは

[画像1: http://prtimes.jp/i/3336/24/resize/d3336-24-909306-1.jpg ]



株式会社文響社(東京都港区、代表取締役社長:山本周嗣)は2015年10月30日に作:水野敬也、画:鉄拳のコラボレーション作品第3弾の「もしも悩みがなかったら」を発売いたします。

★━━━‥・ ☆━━━‥・ ★━━━‥・ ☆━━━‥・
本体価格:1,180円+税
ISBN:978-4-905073-22-2
ページ数:288ページ
判型:W128*H182 B6
★━━━‥・ ☆━━━‥・ ★━━━‥・ ☆━━━‥・

★ 悩みを抱える現代人へ贈りたい作品
 累計34万部を越える大人気シリーズ、今作品のテーマは「悩み」です。
 原作を担当する水野敬也氏自身も常に多くの悩みを抱え、「悩み」という存在についてずっと考えてきました。そして、「悩み」について、ある1つの答えにたどり着き、それを多くの方々に伝えたいと思い書き上げたのが本作品です。
 今作品では、水野氏が以前から魅力的だと感じていた「鉄拳の描く女の子」がメインキャラクターになっています。優しく、チャーミングな中にも、少しの悲しみがある。「悩み」という重たいものを、愛らしいキャラクターで表現してくれています。
 絵を担当した鉄拳氏も、プロレスラー志望から芸人になり、そして現在のようなパラパラマンガの制作を行うまでに、さまざまな悩みを抱えて生きてきました。だからこそ、このテーマについて、水野氏の原作から更に深化させて表現することができたと語っています。
[画像2: http://prtimes.jp/i/3336/24/resize/d3336-24-194985-4.jpg ]



★ 邪魔だった「悩み」が、だんだん愛おしい存在に……
 「もしも悩みがなかったら」は、過去のコラボレーション作品同様、イラストが中心となっていますが、文章は多めです。しかし、自分と向き合って考えながら読めるつくりは健在です。
 この作品は、自殺を考えていた「僕」のもとに、不思議な女の子「悩美」が突然現れるところから始まります。「悩美」は「僕」の悩みの大きさと比例してふくらんだり、ちぢんだりする不思議な存在です。悩みそのものの化身である「悩美」と一緒に過ごすことによって、悩みの解決方法や、悩みとは人生においてどのような存在なのかを教えてくれます。
 悩みについての向き合い方や考えが変わり、今抱えている悩みを俯瞰して見ることができるなど、救いとなる内容になっています。
 読むと心がスッと軽くなり、すぐにでも行動したくなるような作品です。


★━━━‥・ ★━━━‥・ ★━━━‥・ ★━━━‥・

鉄拳
元プロレスラー志望。1995年に劇団東俳に入団したが、3ヶ月後に退団。1997年にお笑い芸人・鉄拳としての活動を始める。2007年9月、吉本興業へ移籍。2012年番組の企画で、パラパラマンガの制作(競作)に挑み、イギリスのロックバンドMUSEの楽曲『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』をバックに、左右に揺れる振り子の中に夫婦の半生をマジックペンで描いた『振り子』を発表する。『振り子』がYouTubeにアップロードされると、日本国内のみならず海外を含めて一躍注目を集める。MUSEメンバーの耳にも届き、『振り子』の映像が『エクソジェネシス』の公式プロモーションビデオに採用されるに至り、全米・ヨーロッパなど世界各地で配信された。これを機に、パラパラマンガによる仕事が急増し、現在はパラパラマンガの制作を中心に活動をおこなっている。

 ☆━━━‥・ ☆━━━‥・ ☆━━━‥・ ☆━━━‥・

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
著書に『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』『人生はニャンとかなる!』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』がある。また、恋愛体育教師・水野愛也としての著書『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、講演DVD『スパルタ恋愛塾』や、DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手掛けるなど活動は多岐にわたる。
公式ブログ「ウケる日記」 http://ameblo.jp/mizunokeiya/
twitter アカウント @mizunokeiya

★━━━‥・ ★━━━‥・ ★━━━‥・ ★━━━‥・

シリーズ本
第1弾『それでも僕は夢を見る』
第2弾『あなたの物語』
[画像3: http://prtimes.jp/i/3336/24/resize/d3336-24-775537-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/3336/24/resize/d3336-24-881699-3.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング