「超」高速!?和民自慢の肴(さかな)を 殿と家老が「超」おすすめ!

PR TIMES / 2014年6月10日 10時10分



 ワタミ株式会社の100%子会社で、国内外食事業を展開するワタミフードサービス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:桑原 豊)の主力業態であるJAPANESE DINING「和民」が2014年6月21日より全国ロードショーの映画『超高速!参勤交代』とのタイアップを実施します。

■映画の主役たちが“超”おすすめする、和民自慢の肴(さかな)を“超高速”で提供!?
映画『超高速!参勤交代』の公開を記念し、6月10日から6月末までの間、JAPANESE DINING「和民」・語らい処「坐・和民」約300店舗にて映画の登場人物たちが「超」おすすめする和民の厳選おつまみを紹介します。

■現代の「参勤交代」といえば??
いつの時代も無理難題に立ち向かう人たちにドラマはつきもの。映画に登場する湯長谷藩も幕府から「通常の半分の日数で参勤交代をせよ!」という無理難題を押し付けられ悪戦苦闘します。現代であれば突然出張を命じられたサラリーマンの心境と似たような状況なのかもしれませんね。
 そんな、「超多忙!」な現代の参勤交代ともいえる“出張サラリーマン”。忙しい出張の合間でも「美味しく飲んで食べて満足したい!」というご要望に応えられるよう「和民」では「超高速!?」で自慢の肴(さかな)を提供します!特におすすめは湯長谷藩の殿、内藤政醇がおすすめする「梅水晶」と「こだわりキムチ」。そして知恵者だが、口うるさい家老の相馬兼嗣一押しの「チャンジャ」。是非ご賞味あれ!


■殿と家老のおすすめの肴(さかな)ご紹介


■おすすめの肴(さかな)を一部紹介
「梅水晶」はサメの軟骨をつかい、独特のコリコリとした食感がクセになる一品。ほのかな梅の香は日本酒と相性抜群。「こだわりキムチ」は和民が長年研究を重ねた一品。魚介のエキスと果実が隠し味の、辛いだけでなく甘みと深みがある極上のおつまみは、お酒はもちろんご飯もススムこと間違いなし!家老のおすすめはタラの内蔵をピリ辛に漬け込んだ「チャンジャ」。これもお酒好きにはたまらない!その他にも自慢の一品をご用意してお待ちしております!

■「超高速!参勤交代」はどんな映画?
「のぼうの城」など秀逸なオリジナル脚本を輩出する城戸賞で、歴代最高得点の高評価を得た傑作を超高速映画化!“5日以内に参勤交代”を命じられた弱小貧乏の湯長谷藩が幕府の無理難題に挑む!時間も無い、お金もない、人もいない!果たして湯長谷藩は期限内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?誰もが笑えて、楽しめて、そして最後にはグッと胸が熱くなる、最高にホットな歴史エンターテイメント

■企画概要
【実施期間】  2014年6月10日(火)より6月30日(月)まで
【対象店舗】  JAPANESE DINING「和民」・語らい処「坐・和民」約300店舗

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング