600名の訪日観光客の声をもとに、外国人「おもてなし」ガイドブック 『じゃらん 英語で日本案内』を11月25日発売

PR TIMES / 2014年11月21日 12時1分

~次回の宿泊意向は「旅館・民宿に泊まりたい」が67.5%でトップ~

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が編集を行う国内旅行誌『じゃらんムックシリーズ』(編集長:宮下真衣子)は、訪日上位6カ国・地域の訪日観光経験者600名に日本の観光に関するアンケートを行いました。その結果を反映した『じゃらん 英語で日本案内』を2014年11月25日(火)より、全国のセブン-イレブン店舗・セブンネットショッピングにて発売することをお知らせいたします。




【TOPICS】
◆滞在日数・旅行費用
訪日観光客の観光滞在は、平均7.5日、訪日費用総額20.8万(※)。中国からの観光客の滞在費用は平均の2倍以上。
※ 航空機、交通、宿泊、飲食費、お土産含む1人あたりの費用総額

◆宿泊経験と宿泊意向
宿泊先は「ホテル・ビジネスホテル」が71.5%と最も多いが、次回の宿泊希望は「旅館・民宿」が67.5%で、「ホテル・ビジネスホテル」50.2%よりも17.3ポイント高い。
次回宿泊したいのは、「古民家など日本の古い建築物を利用した宿」29.2%、「日本人の日常生活が体験できる宿」27.7%、「農家など日本の原風景が体験できる宿」21.7%となり、“日本らしさ“を味わえる宿が人気傾向。

◆買い物場所と買い物内容
日本での買い物場所は「スーパー・ショッピングセンター」68.2%が1位。アメリカからの観光客49.0%が「100円ショップ」を利用し、また42.0%が「キャラクターグッズ」を購入。

◆訪日旅行中の体験
日本で困った、驚いたことは「英語を話せる人が少ない」36.6%が最多。一方、「ルールを守る」「親切」と日本人のホスピタリティ・気質を称賛するコメントも多数。

【調査名】訪日旅行者の実態調査(『じゃらん 英語で日本案内』調べ)
【調査目的】調査対象6カ国・地域の、訪日観光者の行動や意識の実態を把握する。
【調査時期】2014年8月25日(月)~9月3日(水)
【調査方法】インターネットによる調査。
【調査対象】過去1年以内に日本を旅行したことのある20~59歳の男女。
中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ(JNTO「訪日外客数総数」を参考に2014年5月の客数上位6カ国・地域)
【有効回答数】600名(中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ各100名)


【『じゃらん 英語で日本案内』概要】

『じゃらん 英語で日本案内』は、海外からのお客様を「おもてなし」するために役立つ情報を掲載したガイドブックです。
アンケート結果より次回の宿泊希望が「旅館・民宿」であることから、日本らしい温泉旅館を中心に、外国人観光客に喜ばれる宿泊施設などを紹介。また、観光地や飲食店など様々なシチュエーションでの外国人のお友達、お客様とのコミュニケーションの中で「思わず言いたくなる」「伝えたくなる」内容を日本語と英語で紹介しています。
エリアは、全国(北海道・沖縄を除く)の中でも外国人観光客に特に人気の高い東京・京都などを中心に紹介し、2014-2015年の年間保存版となる一冊です。

[誌名] 『じゃらん 英語で日本案内』
[仕様]  A5(縦210mm×横148mm) 160P  [定価] 690円(税込)
[発売日] 2014年11月25日(火)発売 (発売日から1年間流通、コンビニ店舗は2カ月間)
[販売地域]全国のセブン-イレブン店舗・セブンネットショッピングで販売


▼調査結果の詳細・媒体概要は、下記にてご確認ください。
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2014/11/19/RecruitLifestyle_20141121.pdf

▼リクルートライフスタイルについて
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング