CBREがEコマースの拡大がもたらす日本のリテール市場への影響を発表リテーラーの約9割がEC販路を持っている一方、EC拡大による実店舗の出店戦略への影響は、多くのリテーラーが限定的と捉える

PR TIMES / 2018年5月28日 18時1分

~ Eコマース×リアル店舗の現状に関するアンケート~

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、特別レポート「ネット時代のリアル店舗」を発表しました。当レポートは「CBREリテーラー意識調査2018 ~ Eコマース×リアル店舗の現状と未来(への展望)に関するアンケート~」の結果を踏まえ、Eコマースの拡大がもたらす日本のリテール市場への影響についてまとめたものです。



【主要ポイント】

◆経済産業省が発表した2017年の日本国内の消費者向けEコマース市場は、前年比9.1%増の16兆5054億円に拡大。Eコマースの浸透度合いを示すEC化率*1も0.36ポイント増加し5.79%に上昇した

◆一方、2017年の日本国内の小売業販売額は142兆5160億円と、Eコマース市場の約7.6倍。そのため、リアル店舗の売上を毀損するいわゆる「ショールーム化」を懸念しているリテーラーも2割程度と少数にとどまった

◆Eコマースの拡大は、新規出店の面積、立地や形態に、現状では大きな影響は与えていないことが回答結果からうかがえた。既存店舗や新規出店数を減らすというリテーラーも限定的。ただし、リアル店舗のあり方は今後大きく変化することを示唆する回答が散見された

*1経済産業省が発表した、小売の売上全体に対するEC売上の比率

Eコマース×リテーラーの現状
回答したリテーラーの約9割がEC販路を持っていることがわかりました。自社ならびに他社*2のEC販路を持っている割合が高かった業種は「ファッション」でした。一方、自社のEC販路のみという回答が多かった業種は「ラグジュアリー」でした。EC化率が「5%未満」と回答した業種でも「ラグジュアリー」の割合が高いという結果になりました。ブランドのアイデンティテイを重視するラグジュアリーブランドは、独自色が希薄化するリスクのある他社のEC販路を敬遠する傾向が見受けられます。

Eコマースで買い物をする消費者が増えたことにより、リアル店舗でモノが売れなくなる、いわゆるショールーム化*3したリアル店舗の有無については、8割を超えるリテーラーが“ない”という回答でした。現状ではリアル店舗の市場規模がEコマースの約7.6倍も大きいため、リアル店舗のショールーム化を懸念しているリテーラーは少ないと言えそうです。また、オムニチャネル*4を構築しているリテーラーは、リアル店舗のショールーム化をむしろ推奨しているようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング