KKday(ケイケイデイ)、クールジャパン機構から11億円の資金を調達

PR TIMES / 2019年8月30日 17時40分

台湾のオンライン旅行社で、アジア最大級のオプショナルツアー予約サイトを運営するKKday(ケイケイデイ)(本社:台湾台北市、CEO:陳明明(Ming Chen)、以下KKday)は本日、官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)(所在地:東京都港区、代表取締役社長 CEO:北川直樹、以下クールジャパン機構)から、1,000万USドル(11 億円相当)の資金を調達したことを発表しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/28214/24/resize/d28214-24-859658-0.jpg ]


今回のクールジャパン機構の出資決定は、台湾・香港を中心に月間4,500万人が利用するオプショナルツアー予約サイトとして、KKdayの商品企画力や、訪日旅行客へのマーケティング力、サプライヤー運営に貢献する技術力が高く評価されたものです。クールジャパン機構は今回の出資により、アジアの訪日旅行客の「旅ナカ」消費を促進し、訪日の満足度とリピート率を高めるとともに、既に確立された観光地のみならず日本各地の様々な地域による訪日旅行客の獲得を支援し、日本の観光産業発展と地域経済活性化への貢献を期待しています。

KKdayが取り扱う約25,000件のツアーやアクティビティなど旅行商品は現在、世界約92ヵ国550都市で展開しています。この92ヵ国のうち、日本は第一位の取扱流通額を誇っており、これは利用者の日本市場への関心が非常に高いことを示しています。KKdayはこれまでも日本の現地オプショナルツアーに注力してまいりましたが、これを機に訪日客がより深く日本の魅力を体験できる多様な商品とサービス提供、高品質なオリジナルコースを造成してまいります。クールジャパン機構 代表取締役社長CEO北川直樹氏は、「KKdayは訪日客を対象にしたサービス提供と販促活動において、優れたプランニング力と実行力を持っています。これにより、KKdayはインバウンド分野の重要な支援対象の一社となりました。今回の投資は主に、日本現地の旅行関連業者との提携拡大の支援と、更なる魅力的な商品の造成による訪日客の満足度とリピート率向上を期待して実施されるものです。日本政府は2020年の訪日客を4,000万人、消費額8兆円の目標を設定しています。クールジャパン機構としても今回の投資をきっかけに目標達成に貢献したいと考えております。」と述べています。

KKday CEOの陳明明(Ming Chen)は、「株式会社エイチ・アイ・エスとLINE Ventures株式会社からの出資に続き、クールジャパン機構からの資金調達は、KKdayの成長を促進し、日本市場における発展を拡大させる事につながります。私たちは、クールジャパン機構の協力により、日本ならではの旅行体験をKKdayのプラットフォームを通して世界中の旅行者に届けられる事を大変光栄に思っています。」と述べています。

KKdayは事業戦略において、訪日客のニーズを汲んだ現地の商品企画と販促能力を深めることで、日本を深く味わう旅行体験を提供し、さらに利用者の満足度を向上させ、世界中へ赴くアジアの旅行者の重要なプラットフォームとなる事を目指します。

以上

KKdayについて
KKdayはオプショナルツアー・現地アクティビティ専門のオンライン予約プラットフォームです。厳選した世界各地の特色あるツアーを網羅し、旅行者が個別サイトでツアーやチケットを手配する手間を省き、旅行計画の利便性を向上させるサービスを提供しています。2015年サイト公開時20名でスタートしたKKdayは、現在500名を超える社員と、台湾、香港、シンガポール、韓国、日本、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、中国などに拠点を持つアジア最大のオプショナルツアー・現地アクティビティ予約サイトとなりました。
KKdayプラットフォームは、92ヵ国550都市をカバーし、約25,000件を超える旅行商品を取り扱っています。世界中の利用者がもっと自由で簡単に自分だけの特別な旅行体験を楽しめるよう、サイトは繁体字と簡体字以外にも、英語、日本語、韓国語などの多言語に対応しています。KKdayは旅行者に素晴らしい旅を届けるというコンセプトのもと、今後もさらに高品質なオプショナルツアー・現地アクティビティを提供してまいります。
詳細については、KKday.comをご覧ください。
https://www.kkday.com/ja

■設立: 2014年5月
■拠点:台湾、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、
ベトナム、フィリピン、タイ、香港
■代表者:創業者兼CEO 陳 明明(Ming Chen)
■事業内容:現地オプショナルツアー予約サイト「KKday」の運営
■URL: https://www.kkday.com/ja (日本語サービスサイト)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング