1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

薩摩酒造『神の河』が樽貯蔵部門でトップ2に輝く Kura Master 2021でフランス人のための本格焼酎・泡盛が決定!

PR TIMES / 2021年9月22日 15時0分

~“パリ万博” に焼酎を運んだコンプラ瓶がボトルモチーフ~

 フランス人のための日本酒コンクールとして知られる「Kura Master」に、今年、「Kura Master 2021 本格焼酎・泡盛コンクール」が新設され、樽貯蔵部門において、薩摩酒造株式会社 (代表取締役社長:本坊愛一郎、本社:鹿児島県枕崎市) の長期樽貯蔵本格麦焼酎『神の河 (かんのこ) 』が、プラチナ賞を受賞し、樽貯蔵部門のトップ2に輝きました。また同じく樽貯蔵部門で、本格米焼酎『欧羅火 (おらーか) 』も金賞を受賞しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31999/24/resize/d31999-24-be2c1e6c1acd2219343d-5.jpg ]

 「Kura Master」は2017年から始まったフランスの地で行う日本酒コンクールで、フランス人を中心にしたヨーロッパの審査員たちがブラインドによるテイスティングを行い、フランス人のための日本酒を決定します。そのKura Masterに2021年本格焼酎・泡盛コンクールが新設され、「芋焼酎部門」「米焼酎部門」「麦焼酎部門」「黒糖焼酎部門」「泡盛部門」「樽貯蔵部門」の6つのカテゴリーで審査が行われ、薩摩酒造の長期樽貯蔵本格麦焼酎『神の河』が「樽貯蔵部門」でプラチナ賞を受賞し、樽貯蔵部門のトップ2を獲得しました。合わせて、薩摩酒造の本格米焼酎『欧羅火』も金賞を受賞しました。

 9月20日パリ市内のホテル・ド・クリヨンで行われた授賞式では、新設の本格焼酎・泡盛について、九州の豊かなテロワールに九州で培われた焼酎造りの技術が融合して出来た素晴らしいお酒は我々に良い刺激を与え喜ばせてくれた。日本人の感性にフランス人の感性が加わり新しい魅力が発見されることになるであろうと、今後の欧州市場での展開に強い期待が集まりました。

 長期樽貯蔵の『神の河』は、昭和63年の発売以来、樽由来の甘い香りと淡い琥珀色が好まれ、日経POSセレクションの「本格焼酎(4合相当)」のカテゴリーで、1998年から22年間連続でNo.1を獲得するなど高い人気を得ています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31999/24/resize/d31999-24-9653dfb73d9939c0fdc6-3.jpg ]



 日本の本格焼酎をこだわりの樽で熟成させた『神の河』が、フランスでも高く評価されたことは大変嬉しく励みになるものです。薩摩酒造は、今後も技術力を磨きながら、鹿児島から世界へ向けて焼酎文化のさらなる発信に努めてまいります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31999/24/resize/d31999-24-03e6ad2e2f37f41a8b87-16.png ]




薩摩酒造株式会社の受賞コメント  (代表取締役社長 本坊愛一郎)
 1回目となる「Kura Master本格焼酎・泡盛コンクール2021」におきまして、「TOP13」、「樽貯蔵部門のTOP2」を受賞しましたことを大変光栄に思っております。
 薩摩酒造は、日本の焼酎の蔵元では唯一、「樽職人」「樽工房」「樽貯蔵庫」のすべてを有しており、今回受賞いたしました『神の河』は樽職人が丁寧にメンテナンスした樽に、日本の文化である本格焼酎を。また『神の河』のボトルは、17世紀頃、遠くヨーロッパに酒や醤油を運ぶために誕生した「コンプラ瓶」をモチーフにしています。1867年に開催された「パリ万博」では、薩摩藩 (現在の鹿児島県) がコンプラ瓶に焼酎を入れて出品した記録が残っており、同じくフランスで開催されましたKura Masterで『神の河』が受賞できたことを感慨深く感じております。薩摩酒造の樽への情熱が詰まった『神の河』での受賞を励みに、これからも美味しい焼酎を造っていきたいと思っております。ありがとうございました。



[画像4: https://prtimes.jp/i/31999/24/resize/d31999-24-ccc72318cd25b466b7af-17.jpg ]

『神の河』(かんのこ):長期樽貯蔵本格麦焼酎
二条大麦100%を原料に使用し単式蒸留による原酒をホワイトオーク樽に3年以上貯蔵した、琥珀色の長期貯蔵麦焼酎。長期熟成ならではのふくよかな香りとまろやかな味わいが特徴。
原材料:麦、麦こうじ、アルコール分:25度、内容量:720mL/300ml


[画像5: https://prtimes.jp/i/31999/24/resize/d31999-24-9b1978106eb65ed65b31-6.jpg ]

欧羅火 (おらーか):樽貯蔵本格米焼酎
純米原酒をホワイトオーク樽で貯蔵熟成させた、華やかなで濃密なフルーティさと柔らかな口当たりの焼酎。
原材料:米、米こうじ、アルコール分:25度、内容量:720mL


Kura Master 2021とは
 2017年から開催され、今年で5回目となるフランスの地でフランス人のために行う日本酒コンクール。審査員はフランス人を中心にしたヨーロッパの方々で、フランス国家が最高職人の資格を証明するMOFの保有者やフランスの一流ホテルのトップソムリエやバーマンなど、飲食業界のプロフェッショナルで構成される。フランスをはじめとした欧州市場へ展開する大きな足掛かりとなるコンクールである。
■公式サイト: https://kuramaster.com/ja/


<商品概要>

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/31999/table/24_1_83be80f1ef327e0b480557af532b7c73.jpg ]


<商品概要>

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/31999/table/24_2_6c1a00e25669e363277c339ce030a8b5.jpg ]



<会社概要>

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/31999/table/24_3_c07cc1b3f4a77d1437a651e1e8f9d027.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング