「auの投資信託」「au WALLET ポイント運用」に関するTwitterの情報配信を大幅拡充~投信業務システム「FAIMS」や自社開発のポイント運用システムのRPAによるSNS連携を実現~

PR TIMES / 2019年12月26日 14時55分

auアセットマネジメント株式会社(以下、「当社」)は、2019年12月26日から、当社が設定・運用を行う「auの投資信託」(auスマート・ベーシック(安定/安定成長)、auスマート・プライム(成長/高成長))の基準価額や設定額、当社とKDDIが提供を行う「au WALLET ポイント運用」の運用実績などの情報をTwitter上へ自動配信します。



株式会社大和総研ビジネス・イノベーションの投信業務システムや当社が提供するポイント運用システムから独自のRPA技術によりデータを抽出し、資産形成に興味をお持ちのお客さまに役立つ情報を提供していきます。
auのiDeCo Twitterアカウントより配信いたしますので、この機会に是非フォローください。

■auのiDeCo Twitterアカウント
https://twitter.com/au_ideco
@au_ideco
[画像1: https://prtimes.jp/i/36713/24/resize/d36713-24-645081-1.png ]



Twitterにて配信予定の情報

[表: https://prtimes.jp/data/corp/36713/table/24_1.jpg ]



今後も、お客さまに役立つ情報配信を随時拡大していく予定です。

※状況により、ツイートを実施しない場合がございます。


「au WALLET ポイント運用」の特長
 本サービスは、au WALLET ポイントを活用した資産運用の疑似体験サービスです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36713/24/resize/d36713-24-226338-0.png ]


※画面は実際のものと異なる場合があります。

(1)面倒な手続き不要で、100ポイントからすぐに資産運用の疑似体験が可能
 面倒な口座開設手続きを行う必要なく「au WALLET アプリ」上で、運用するポイント数を決めるだけですぐに利用可能。

(2)運用中のポイントを引き出せば、au WALLET ポイントとして利用できる
 運用中のポイントは、「au WALLET ポイント」に引き出すことが可能。引き出したポイントは、通常の「au WALLET ポイント」と同様に、au WALLET 残高へのチャージや、「au Wowma!」でのお買い物などにご利用いただける。

(3)リアルに近い資産運用の疑似体験が可能
 実際にお客さまが保有している運用ポイントが投資信託の基準価額に連動して増減するため、リアルな資産運用の疑似体験をすることが可能。運用中のポイントの運用状況は「au WALLET アプリ」からいつでも確認できる。

(4)運用で迷った時は、みんなの動向も参考に
 「みんなの運用状況」を確認すれば、一目で、現時点で運用ポイントを追加するお客さまが多いのか、引き出す人が多いのかを把握が可能。


■「auの投資信託」について


[画像3: https://prtimes.jp/i/36713/24/resize/d36713-24-659063-3.png ]



「auの投資信託」は、投資未経験者の多い20代~30代の若年層のお客さま中心に、長期・分散・積立による資産形成を支援するため、国内外の株式・債券に幅広く分散投資を行う、ファンド・オブ・ファンズ形式としてご用意しております。

 特に、「iDeCo」や「つみたてNISA」をはじめとする積立投資による時間分散効果を生かしながら、国内外の経済成長のリターンを享受できる長期保有型の投資信託として、幅広いお客さまの資産形成ニーズにお応えしていくことを目指していきます。


■大和総研ビジネス・イノベーションおよび投信業務システム「FAIMS」について

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システムの3つの分野で付加価値の高い情報サービスを提供する大和証券グループのシンクタンクです。同グループの大和総研ビジネス・イノベーションでは、長年培ってきたシステム分野における多くの実績を基盤として、証券会社、銀行、投資信託会社等の金融機関に加え幅広いお客さまに向けて安全性の高い情報システムサービスを展開しています。
投信業務システム「FAIMS」は、投信基準価額の算出、運用資産・資金繰りの管理、関連省庁等への報告および法定帳票作成を行うシステムです。


投資信託にかかるリスクについて
投資信託は、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。また、投資信託は預貯金とは異なります。

投資信託にかかる手数料等について
投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された販売手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。

ご投資にあたっての留意点
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。

「auの投資信託」の詳細はこちら( https://am.au-financial.com/funds/
投資信託に関するリスク・費用について( https://am.au-financial.com/terms/risk/

商号等:auアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング