産地直送サービス「OWLアウル」、農林水産省「#元気いただきます」に参画

PR TIMES / 2020年9月11日 20時15分

~対象商品の配送料無料を活用し、コロナ禍の生産者に貢献します~

レッドホースコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区、グループCEO兼代表取締役会長 周 泰鳳、以下「当社」) が手掛ける農畜水産物の産直サービス「OWL(アウル)」は、農林水産省が運営する『#元気いただきますプロジェクト』のうち、「インターネット販売推進事業」の参画しました。
https://owl-food.com/features/_campaign4



[画像1: https://prtimes.jp/i/48395/24/resize/d48395-24-233720-0.png ]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、国産の農林水産物が在庫の滞留や売上げの減少、価格の低下などが問題となっており、全国の生産者が大きな影響を受けています。「(OWL)アウル」は兼ねてから、その状況下で出来ることを日々模索している状況ですが、この度『#元気いただきますプロジェクト』 の再募集にて参画が可能となりました。( https://www.kokusan-ouen.jp/)
 このプロジェクトは、顕著な食材の販売促進を支援するため、 対象品目の送料を補助する事業となります。

今回は水産系の対象商品が拡大された結果、新鮮で上等な食材に人気が集中しており、通常高級店でしか食せない、家庭で準備するには高額な商品が気軽に楽しめている状況が生まれています。とりわけ、愛媛県大洲市の「ニジマス」や九州の「上マグロや中トロ」、北海道富良野市の「マスクメロン」などが人気を博しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/48395/24/resize/d48395-24-777526-1.png ]

 「(OWL)アウル」で出品されている対象商品の注文数は、8月27日参画開始後から現在までの約2週間で200件を超え順調に進んでおります。
このプロジェクトを有効利用し、これからの季節の変化と共に消費者にとって新たな食材の出会いと、生産者の販路拡大を目指し、充実したサービスの展開を目指します。

■農畜水産物の直接売買マーケットプレイスOWL(アウル)について
 生産者が農畜水産物を出品し、消費者に直接販売できるオンライン上の産地直送のプラットフォームサービスです。
 生産者と消費者がチャットを通じて自由にやり取りできるため、生産者は自身が作った食材の良さをアピールでき、購入を希望する消費者の疑問を解消することも可能となります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/48395/24/resize/d48395-24-483805-2.png ]


 また、生産者は自身で自由に価格設定でき、卸しを介さないことにより、従来の販売ルートよりも高い収益率を実現することも可能です。
 昨年12 月末発足以降、参加事業者と購買数を順調に増やし、良品を扱っているため購入者のリピート利用者は5割を超えております。当社は、ふるさと納税事業からの地方創生に尽力を続けており、現在300近くの自治体と7,000を超える事業者との直接取引を続けております。「OWLアウル」では、当社の今までの経験と実績を活かして、WEBを利用した地域活性を目指し、利用者に取って価値の高い利用サービスを提供し、日本の農畜水産物の発展に尽力して行きたいと考えております。


・サイトURL: https://owl-food.com/
・生産者:出品料、ツール利用料 無料
・消費者:農畜水産物の購入代金
・現在、送料300円キャンペーンを実施中です。
(※このキャンペーンは告知せず終了する場合があります、ご了承ください。)

■会社概要
社名:レッドホースコーポレーション株式会社
設立:1964年3月
代表者:代表取締役会長兼グループCEO:周 泰鳳
事業内容:
産直D2C事業、防災ソリューション事業、ウェルネス事業、通信事業、トラベルサービス事業、ギフト事業、自治体の地域活性化を目的としたコンサルティング、インバウンド旅客向け事業、娯楽と教育を融合するエデュテインメント事業
所在地:〒135-0061 東京都江東区豊洲3丁目2番24号 豊洲フォレシア9階
URL: https://www.redhorse.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング