1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【年末年始の帰省】2021年10月初旬現在では「帰省する予定」が37.9%

PR TIMES / 2021年10月13日 13時15分

日本トレンドリサーチ・年末年始に関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「年末年始」に関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。



■去年の年末年始に比べて、今年は「帰省する」方が増加
緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が10月1日で解除になりました。
一時期は5,773人にものぼった東京都の新型コロナウイルス感染者数も、10月になってからは200人以下の日が続いています。

10月7日には、大晦日に放送される『第72回NHK紅白歌合戦』を2年ぶりに有観客で開催するとの発表もあり、少しずつですが例年のような年末年始が戻ってきているようです。

長引くコロナ禍で、長い期間実家に帰省していない方も多いと思いますが、今年の年末年始(2021年末から2022年始)は実家に帰省するという方はどのくらいいるのでしょうか。

今回は、事前調査で「実家が別の都道府県にある」と回答した全国の男女700名を対象に、10月初め時点での年末年始の予定について、アンケートを実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事( https://trend-research.jp/10219/)へのリンク設置
・株式会社NEXER( https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「年末年始に関するアンケート」調査概要
調査期間:2021年10月3日~10月8日
質問内容:
質問1:年末年始には、いつも帰省していますか?
質問2:去年の年末年始(2020年→2021年)には帰省しましたか?
質問3:いま(10月初め)現在、今年の年末年始に帰省する予定はありますか?
質問4:その回答の理由を教えてください。
質問5:例年の年末年始の集まり方と今年の集まり方の違いについて教えてください。
集計対象人数:700人
調査対象者:男女
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。


■今年の年末年始は実家に帰省しますか?
まずは、例年の年末年始は帰省しているかについて聞きました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/87626/24/resize/d87626-24-aef81eeff38e458a7633-0.jpg ]

「毎年帰省している」方は15.3%、「帰省することが多い」方は34.6%、「帰省しないことが多い」方は23.9%、「毎年帰省していない」方は26.3%でした。

続いて、去年の年末年始(2020年→2021年)は帰省したかについて聞きました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/87626/24/resize/d87626-24-d3c8f03f9c348585e1df-1.jpg ]

「帰省した」方は22.1%、「帰省していない」方は77.9%でした。
去年は帰省していないという方が多いようです。

では、今年の年末年始に帰省するという方はどのくらいいるのでしょうか。
10月初め時点で“現在の考え”について聞きました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/87626/24/resize/d87626-24-6a39b635c1b6b4159853-2.jpg ]

今年は「帰省する予定」という方が増え、37.9%でした。

それぞれの回答の理由についても聞いたので一部を紹介します。

「帰省する予定」回答理由


初孫ができたのと、コロナ次第だが現時点ではいけそうな気がするため。(30代・女性)
実家が恋しい。(10代・男性)
コロナワクチンが年内に家族みんな終わる予定だから。(30代・女性)
たまには親に会って様子を見ておきたいから。(40代・女性)
親も高齢で、2年以上帰省しないのは有り得ない。いくら緊急事態だろうが、親族が緊急事態になってからでは遅い。(50代・男性)
実家が落ち着くし、家に帰りたいから。(20代・女性)
コロナ禍もピークを過ぎたし、衛生上の対応策もしっかり出来ているから、帰省しても差し支えないと考えて。(60代・男性)
コロナでしばらく家族に逢えていないのであいたい。(20代・女性)
親がもう年なのでいつ会えなくなるかわからない。今のうち一年一年大切にして会いにいっておきたいと思っています。田舎にも帰りたいです。(60代・女性)
高齢な父が1人なのでこのままコロナが落ち着いていたら帰省する予定です。(50代・女性)
お墓掃除とお参りに行けていないので、県をまたいでの移動自粛が解除になったら直ぐにでも行きたいから。(60代・男性)
義母が高齢なので、できるだけ会っておきたい。(50代・女性)
コロナが多少落ち着いたタイミングだと思うので。(50代・男性)
毎年帰っているし、年始しかまとまった休みが無いので1年に1度ぐらいは帰省しようかなと思う。(40代・男性)
去年はコロナで行けなかったが、ワクチンを打ったので帰省したい。(30代・女性)


「帰省の予定はない」回答理由


コロナがまだ完全に落ち着いていないから。(60代・男性)
混雑している時にわざわざ帰ろうと思わないから。(50代・女性)
いつも帰省していない。(50代・女性)
コロナが怖いです。ワクチンも打つつもりもありません。年末年始は副業します。(40代・女性)
コロナ禍なので、今は我慢しています。子供達がコロナになったら、皆さんにご迷惑をかけてしまうと思います。少しでも可能性がある今は、我慢です。(30代・女性)
お正月は自宅で過ごすと決めているから。(60代・女性)
まだワクチンを接種し終わってないから。(30代・女性)
コロナがリバウンドしそうで安心できないから。また、実家の母親が要介護で、介護関係者から、帰省するのであればPCR検査を受けるよう要請されていて、それが非常に煩わしいので。(50代・女性)
帰省する習慣がないので。(40代・女性)
コロナがまだ収まっているかどうかわからないから。(60代・男性)
父母は他界して兄夫婦が実家を守っている。遠慮して普段に行くようにしている。(70代・女性)
コロナで帰ってくるなと言われている。(50代・女性)
コロナがある限り県外から来た人をのけ者にする風潮な集落。(30代・女性)
コロナ感染状況が分からないのと、子供の受験がある為帰省しません。(40代・女性)
コロナの状況がわからないので年老いた両親に会うのがためらわれるから。ワクチンは接種しているが新たな株では効果が薄まる可能性が多いので。(50代・女性)
気候のいいときに帰省しており、まだコロナに油断はできないから。(60代・女性)


「帰省する予定」と回答した方からは、「しばらく帰っていないから帰りたい」「親が高齢だから会っておきたい」「家族全員ワクチンを打ったので帰省したい」という意見が多く挙げられていました。

一方、「帰省の予定はない」と回答した方からは、「まだコロナが完全に収束していないから怖い」「実家から帰ってこないように言われている」という意見がありました。
また、「年末年始以外の混まない時期に帰省している」という方もいるようです。

最後に、例年の年末年始の集まり方と今年の集まり方の違いについて聞きました。

例年の年末年始の集まり方と今年の集まり方の違い


あまり大人数では集まらない。ワクチン接種済みな人のみ会う。(40代・女性)
おそらく集まらないのではないかと思う。長時間の席というよりかは電話や玄関先でのあいさつ程度になると思う。(20代・男性)
毎年義理の実家で親戚集まって食事するが、去年は日にちをずらして実家にいった。でも気にしない親戚はいつも通り。今年も顔は出しても食事、泊まりはお断りした。(30代・女性)
昨年と異なり、たくさんの親族や友達を呼びたいと思う。(50代・男性)
いつもみんなで外食するが、今年は家で食事をする。(40代・女性)
今年は1日だけの帰省で終わる。(30代・男性)
例年息子家族2家族が我が家に集まるが、昨年は来なかった。今年は集まる予定。(70代・男性)
一か所に集まることはない。3人兄弟の各家に別々で集まるかもしれない。(60代・男性)
いつもは3家族集まるが、昨年は2家族だった。今年はいつも通りになりそうだ。(70代・男性)
親戚の集まりがなくなり家族だけになった。(60代・女性)
いつもはお父さんの実家(埼玉)に親戚が集まるが、去年と今年はオンライン会話する事になった。(20代・女性)


■まとめ
今年の年末年始について、10月初め時点では「帰省する予定」という方が37.9%でした。

去年と比較しても「帰省する」という方が多く、「感染者数が落ち着いてきたから」「しばらく帰省していないから」「ワクチンを打ったから」という理由を挙げている方が多くいました。

集まり方については例年と比べて小規模で行うという方が多く、「ワクチン接種済みの人のみで集まる」「親戚は集まらずに家族だけ」という意見がありました。

緊急事態宣言も解除になり感染者数も減ってきていることから、“例年通り”の年末年始を期待する声が高まっているようです。

本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/10219/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事( https://trend-research.jp/10219/)へのリンク設置
・運営元である株式会社NEXER( https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ: https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL: https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング