サイト内検索MARS FINDERが「見える」から「解る」へ進化

PR TIMES / 2013年10月1日 14時11分

~「見える」「飛び出す」はもう古い。これからは「解る」検索。~



 国内の主要企業にサイト内検索サービスを提供する株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:
武井 信也)は、この度、SaaS型のサイト内検索サービス「MARS FINDER(マーズファインダー)」を、今までの「見え
る」検索から、「解る」検索へ進化させることを発表します。本サービスは、本日より、一部の主要クライアントに
先行導入され、以降、本格展開を実施します。

サイト内検索サービス「MARS FINDER」は、サイト訪問者が求めている情報に効率よく誘導するための検索サービス
です。2006年にサービスを開始して以来、「見える」検索として、オウンドメディアでのサイト内検索サービスの
デファクトスタンダードとして、国内の主要企業に導入いただいておりますが、この度、「必要なページを見つける
サービス」から、「必要な情報を見つけるサービス」へと進化しました。

この度リリースした「解る」検索の特長は、以下の通りです。
1. 解る・読める「リザルトフレーム」
  検索結果のサムネイル画像をマウスオーバーすると、そのページが解る・読めるリザルトフレームを表示
2. 検索ワードが一目瞭然
  リザルトフレームでは検索ワードがハイライト表示され、一目瞭然
  メタタグやタイトル、各要素の属性値にヒットした検索ワードもアイコンで表示
3. リンク先ページへジャンプ
  リザルトフレームに表示されたページのリンク先のページが目的のページであれば、そのままリンクをクリックして
  目的のページにジャンプ
4. 外部検索エンジンからのランディングでも一目瞭然
  一部を除く外部の検索エンジンからWebページに訪問した際、検索エンジンで検索されたワードをWebページで
ハイライト表示

当社では、今後も、様々な検索ニーズに対応する機能拡充に努め、より多くの企業様に当社のサービスをご活用いた
だくための取り組みに邁進して参ります。

以上

 
【「解る」検索イメージ】
・検索結果画面


・ランディングページ


【参考:サイト内検索サービスMARS FINDER概要】
株式会社マーズフラッグが独自技術で開発したサイト内検索サービスです。「解る」検索を実現するサービスとして、
サイト訪問者が感覚的操作で必要な情報にたどり着ける斬新な検索補助機能を提供します。サイト内検索導入実績No.1
のノウハウと万全の導入・運用サポート体制により、現在までに製造業や金融サービス業のお客様を中心に、国内リーディングカンパニー100社以上で採用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング