アメリカ大統領選挙、オバマ大統領の勝利演説キーワード分析速報!

PR TIMES / 2012年11月8日 11時33分



========================================================
~アメリカ大統領選挙、オバマ大統領の勝利演説キーワード分析速報~
『 Change 』から4年、変わったのはオバマの演説
今回の選挙では『 Work 』を多用
========================================================

英語学習サービス「iKnow!」(http://iknow.jp)を提供するセレゴ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:エリック・ヤング、以下 セレゴ・ジャパン)は、この度のアメリカ大統領選挙にて一般投票で勝利をおさめたオバマ大統領の勝利演説のキーワード・トレンド分析を行いましたので、発表いたします。

■ 調査概要 
2012年11月7日と2008年11月5日の勝利演説で使われた単語の中から、基本的にそれ単体で意味をなす言葉の頻度分析を行い、キーワード・トレンド調査を実施。

調査対象:
・2008年11月5日に行われた勝利演説(総ワード数 2,065)
・2012年11月7日に行われた勝利演説(総ワード数 2,150)

-----------------------------------------------
■ 勝利演説で使用頻度の高いキーワードランキング!!
-----------------------------------------------

【 2008年11月5日 】
 
 1位 tonight(今夜)13回
 2位 people(人々)12回
 3位 nation(国家、国民)8回
 4位 Yes We Can!(我々にはできる。)7回
 5位 Change(チェンジ=変革)6回
 6位 hope(望み)6回
 7位 answer(答え)5回
 8位 first(初めて)4回
 9位 generation(世代)4回
10位 democracy(民主主義)3回


【 2012年11月7日 】

 1位 work(働く)15回
 2位 country(国)13回
 3位 forward(前方へ)9回
 4位 future(将来)8回
 5位 hope(望む、期待する)8回
 6位 believe(信じる)7回
 7位 fight(たたかう)7回
 8位 thank(感謝する)7回
 9位 family(家族)5回
10位 job(仕事)5回

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング