乾いた“心”も、乾いた“肌”も、働く女性は自分で自分をケア!? 目指す姿は、心も肌も『自活保湿』できる女性 肌の『自活保湿』を助ける成分“ライスパワーエキスNo.11”とは

PR TIMES / 2012年5月22日 13時43分



トレンド総研(東京都渋谷区)は、20~49歳の有職者女性500名を対象に、「“心”と“肌”の乾き」に関する意識・実態調査を実施しました。
本調査からは、働く女性たちの多くが、“心”や“肌”の「乾き」に対して自ら上手に「潤い」を与えられる、自立した女性を目指しているという実態が明らかになりました。

また、今回の調査結果を受け、皮膚科医の友利 新(ともり あらた)先生に、“肌”本来の力を引き出すための『自活保湿』のポイントをお伺いしました。


・調査対象:20~49歳 有職者女性 500名 (全国)
・調査期間:2012年5月10日~5月11日
・調査方法:インターネット調査


■女性の7割が感じる“心”の乾き・・・「他人に頼らず、自分で解決」が多数派
                                   
最初に、働く女性の“心”の乾きについて調査を行いました。
まず、「あなたは普段、“心”が乾いていると感じることはありますか?」と聞いたところ、72%の女性が「ある」と回答。
具体的に「“心”が乾いていると感じる瞬間」を聞くと、「仕事で疲れて帰ってきて、お風呂に入ることすら面倒くさいと感じる時。(29歳・神奈川県)」、「人に会うのが面倒になり、友達の誘いを嘘の用事で断る時。(42歳・千葉県)」、「趣味だったはずのことに興味がなくなり、集めたコレクションにも魅力が無くなってしまった時。(35歳・愛知県)」、「イケメンを見ても、全くときめかない時。(21歳・大阪府)」などの回答が。
多くの女性が、忙しさや疲れが原因で、“心”に余裕をなくしてしまうことがあるようです。

そこで、「あなたは、自分で“心”に潤いを与える手段を持っていますか?」と聞くと、70%の女性が「持っている」と回答。
具体的には、「愛車でドライブをする。(41歳・新潟県)」、「手ごねパンを焼く。(37歳・神奈川県)」、「一人でカラオケに行って気持ちよく歌う。(28歳・京都府)」、「好きな音楽を聞きながら、家庭菜園をする。(28歳・三重県)」などの回答があがり、自分の好きなものなどで上手に気分転換する手段を持っている女性が多い様子が伺えます。

また、「“心”の乾きを感じた時、最初にどのような行動をとることが多いですか?」と聞くと、「自分自身での解決を試みることが多い」が54%にのぼり、「周囲の人に相談してみることが多い」(18%)、「特に何もしないことが多い」(27%)などの回答を上回りました。
さらに、「自分自身で“心”に潤いを与えられることは、働く女性にとって重要だと思いますか?」という質問には、94%が「思う」と回答。
働く女性の多くは、人に頼り過ぎずに、自分で上手く“心”に潤いを与えられる、自立した女性を目指しているようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング