質量分析技術を用いたインタクトタンパク質の分析システム2機種を新開発

PR TIMES / 2013年9月14日 11時5分

~ ヒトプロテオーム機構国際会議にて世界初披露 ~



サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役社長: イアン・マイケル・スミス/Ian Michael Smith)は、6月に発表した革新的な性能と使いやすさを備えた新しい主力製品である、ベンチトップ型フーリエ変換質量分析計オービトラップ フュージョン(以降Thermo Scientific Orbitrap Fusion)、およびトリプル四重極質量分析計TSQ クアンティヴァ(以降Thermo Scientific TSQ Quantiva)、TSQ エンデュラ(以降Thermo Scientific TSQ Endura)に加えて、この度、インタクトタンパク質に最適化した新しい2つのシステムである「Thermo ScientificイグザクティブプラスEMR液体クロマトグラフ質量分析計(以降Thermo Scientific Exactive Plus EMR)」と「Thermo Scientific キューイグザクティブプラス液体クロマトグラフ質分析計(以降Thermo Scientific Q Exactive Plus)」を発表します。これにより、研究段階の探索、同定、定量分析からバイオ医薬品の品質管理までの、タンパク質解析の総合プラットフォームを拡充しました。

この新しい2つのシステムを、9月14日(土)から9月18日(水)までパシフィコ横浜にて開催される、「第12回ヒトプロテオーム機構国際会議(以降HUPO)」 のブースNo. 51にて展示発表します。


【HUPOで発表する新しい2つのシステム】

・ Thermo Scientific Exactive Plus EMR液体クロマトグラフ質量分析計は、質量測定範囲を拡張したシステムで、分析が困難なインタクトタンパク質の特性解析を高分解能・精密質量分析で行うために設計されました。分析対象となるのは、モノクローナル抗体中の不純物、抗体医薬品、PEG 結合タンパク質、オリゴマー形成タンパク質、糖タンパク質、タンパク質集合体などのバイオ医薬品が主で、製造工程の品質管理にも利用することができます。


・ Thermo Scientific Q Exactive Plus液体クロマトグラフ質分析計は、第2世代のハイブリッド Orbitrap をベースとするシステムであり、「Quanfirmation - 定量確認」特性評価能力を高めることと、1台の質量分析計で定量解析と構造確認を同時に行うことを目的に設計されています。アプリケーションには、プロテオミクス、メタボロミクス、リピドミクスによるバイオマーカー探索から、同定、相対定量分析をカバーします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング