ゲッティ イメージズ、報道写真向け助成金プログラム「Editorial Grants」 2012年の対象者を発表

PR TIMES / 2012年9月7日 14時45分



 ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、2012年9月7日英国ロンドンにて、本年の報道写真向け助成金プログラム「Grants for Editorial Photography」の対象者を発表いたしました。フォトジャーナリスト4名が受賞者として発表され、それぞれに対して助成金2万ドルが授与されます。またゲッティイメージズは、彼らのそれぞれのドキュメンタリー撮影のプロジェクトをサポートいたします。
 また、同時に、昨年リビアでの戦争を撮影中に亡くなった同社のフォトジャーナリスト、クリス・ホンドロスを追悼して設立されたクリス・ホンドロス基金に対しても、2万ドルの助成金を提供いたしました。この基金への助成金は奨学金や賞の形でフォトジャーナリズムをサポートし、その理解と意識を高めることを目的としております。

■助成金対象者一覧
名前:岡原功祐
出身地:日本
プロジェクト:Fragments/Fukushima

名前:バーラト・チョードリー
出身地:インド
プロジェクト:The Silence of Others

名前:パオロ・マルケッティ
出身地:イタリア
プロジェクト:FEVER - The Awakening of European Fascism

名前:セバスチャン・リステ
出身地:スペイン
プロジェクト:The Brazilian Far West

<ゲッティ イメージズ フォトアサインメント部門VP エイダン・サリバンのコメント>
 「我々の報道写真向け助成金がフォトジャーナリストを奨励し、重要な映像を世界に送り続ける原動力として利用いただけることに感激しています。特に今年は若く、活動を始めて間もないフォトジャーナリストが助成金を獲得したことに勇気づけられました。これは、業界内に新しい才能をもった人材が集まっていることを示しています。この助成金によって、受賞者が、非常に複雑で世界的な関心事をさらに追求していくことを支援するのみならず、彼らの活動を世界中に認知させ、また財政的にも支援していきたいと思います。
 このプログラムはフォトジャーナリズムのコミュニティからも、大いに関心を寄せていただいております。今回は60カ国から328点の応募をいただき、審査員が慎重に選出しました。今年の受賞プロジェクトは、日本の自然災害による惨状から、ブラジルにおける現代の奴隷制まで、切実で多面的な問題をテーマとしています」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング