ニュージーランド航空の最新鋭787-9型機が初フライト

PR TIMES / 2014年5月30日 10時21分

2014年5月29日、ニュージーランド航空のボーイング787-9型初号機が、米国ワシントン州シアトルにて初のテスト飛行を無事終了しました。



ニュージーランド航空ならではのブラックボディーに塗装されたこの機体(機体登録番号ZK-NZE)は現在、所有者となる同航空会社に引き渡されるまでの最終段階にあります。

ニュージーランド航空は、ボーイング787-9型機のローンチ・カスタマーであり、これまでに計10機を発注済みです。

最初のテスト飛行はB1フライトと呼ばれ、2名のパイロットがあらゆるシステムを試してパフォーマンスを確認し、機体の性能を細部にわたるまでテストすると同時に、飛行中、あらゆる面からキャビンの機能も試されます。

シアトルの北にあるペイン・フィールド空港を現地時間午後1時45分に飛び立った飛行機は、高度11,800mに達し、B1フライトの標準速度である360ノットで飛行。3時間10分後に、再びペイン・フィールドに戻りました。


※本件は、5月29日にニュージーランドで発表されている内容です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング