イード、新たに第3の就職活動情報メディアの運営を開始

PR TIMES / 2014年12月10日 13時27分

就活情報サイト「MyCareerCenter web(マイキャリアセンターウェブ)」

株式会社イード(代表取締役:宮川洋、本社:東京都新宿区)は、株式会社カイカ(代表取締役社長:高嶌悠人、本社:東京都杉並区)と提携し、新たに就職活動情報サイト「MyCareerCenter web(マイキャリアセンターウェブ)」の運営を2014年12月10日より開始いたします。



「MyCareerCenter web」は、就職活動中、ないしは就職活動に関心を持ち始めた学生に向け、「誰でも・いつでもアクセスすることができる理想的なキャリアセンター」をコンセプトにして運営されるサイトです。

就職活動は学生から社会人に移行するための重要な期間・機会であり、将来を左右することになる機会でもあります。ところが、学生が就職活動をする際の「資源」である情報そのものや、企業で働いていてロールモデルとなる社会人や先輩の存在、就職活動を応援しサポートしてくれるメンターとの出会いの機会などは、必ずしも平等に存在しているとは言い難い状況です。それらは特定の地域や特定の大学にはあっても、別の地域や大学には存在していなかったりし、就職活動にも地域や大学による格差が生じてしまっています。

この「就活格差」をなくし、誰もが納得のできる就職活動をできるようにという思いでスタートしたのが「MyCareerCenter web」なのです。特徴は2つ。1つ目は、就職活動を始める「前」の、「何から始めればいいかわからない」という状態の学生から、既に就職活動が進んで選考の対策をしたいという学生、さらには、内定が決まって社会人としての心構えを知りたいという学生までのさまざまなニーズに応える情報が網羅されていること。2つ目は、サイトには、毎日新たな情報が届けられること。しかもそれは、編集部のみならず、キャリア関連の専門家や学生、一般企業で働く社会人、公認会計士など、さまざまな立場で多様な視点を持ったバラエティ豊かな著者によって、その時期の就職活動生のために書き下ろされたものになります。


現在、就活生に向けたサイトで、多くの学生に支持されているものは、大きく2つあると言ってよいでしょう。1つは、企業から広告費をいただいて、その企業のPRとなる内容を掲載し、学生に企業へのエントリーを促す「集合型メディア」。もう1つは、学生の生の声・情報をリアルタイムに反映し、情報交換が行われる「掲示板型サイト」。「MyCareerCenter」はそのどちらでもなく、就職活動に必要なナレッジやノウハウを分かりやすく・面白く伝える「学生支援型サイト」として、就職活動における「第3の就活サイト」にしていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング