メーク落としの面倒から女性を解放! 次世代の化粧下地 資生堂「フルメーク ウォッシャブル ベース」売上好調 現代女性のニーズに応え、店頭発売1カ月で出荷数128万個※1を突破

PR TIMES / 2013年3月26日 13時51分



資生堂は、2012年12月12日(水)より、資生堂ウェブサイト ワタシプラスにて先行発売、2013年2月下旬より店頭にて発売した重ねたメークがお湯で落とせる世界初※2の化粧下地「フルメーク ウォッシャブル ベース」が、店頭発売から1カ月で出荷数128万個を突破、好調な実績で推移しています。
「フルメーク ウォッシャブル ベース」は、「メーク落としの面倒から女性を解放する」という発想で開発し、メークをキレイに仕上げる機能と、クレンジング料を使わずにメークを落とせる機能を併せ持った次世代の化粧下地です。スキンケアで肌を整えた後、メークの前に化粧下地として使い、メークを落とす際にお湯となじませると、重ねたメークが浮き上がり、クレンジング料を使わずにメークが落ちます。
メーク落としの面倒から女性を解放し、もっと気軽にメークを楽しみ、気軽に素肌に戻れる「新たな化粧習慣」を実現する商品特長と、2012年のWEBでの先行発売時より、口コミ等で話題になり、プロモーションでの積極的な情報発信と店頭での売場づくりによって、好調に実績を伸ばしています。
※1 出荷数(資生堂調べ)2013年2月20日~2013年3月19日
※2 株式会社 Mintel Japanデータベース内 資生堂調べ


・商品名:資生堂 フルメーク ウォッシャブル ベース(販売名:S フルメーク ウォッシャブル ベース)

・分類:化粧下地・口紅用下地
・容量:35g
・価格:【ワタシプラス】1,000円(税込1,050円)、【店頭】オープン価格
http://www.shiseido.co.jp/onlineshop/fwb/?rt_pr=tr025
以上、全1品目1品種

【商品特長】
資生堂は、水にはなじまず、お湯には反応する機能を持つ、資生堂独自の技術ヴェールアクションポリマー※3を開発し、「フルメーク ウォッシャブル ベース」に配合しました。お湯になじませるとヴェールアクションポリマー※3が浮き上がり、重ねたファンデーションもポイントメークも、お湯だけで簡単に落とすことができます。メーク前に化粧下地として使い、ファンデーションやアイカラー、口紅が密着して、肌の凹凸や小じわを補正しながら、ほのかな明るさで肌を明るく演出します。ヒアルロン酸(保湿)配合により、うるおいを与えて、乾燥から肌を守り、すっと伸びるやさしい使い心地の化粧下地です。
※3 新発想で開発した資生堂独自の皮膜剤

【売上好調要因】

1.市場ニーズとの合致
資生堂が、スキンケアの中で簡単に済ませたい行為を調査※4したところ、20~40代女性の60%以上が「メーク落とし」であると回答しました。また、メークを落とさずに寝てしまった経験がある女性は41%にのぼり、その頻度が1週間に1回以上である人は21%もいることが分かりました。
このような現代女性の生活スタイルや価値観を捉えて開発した「フルメーク ウォッシャブル ベース」の、メークをキレイに仕上げる機能と、クレンジング料を使わずにメークを落とせる機能を併せ持った商品特長が市場ニーズに合致したと考えています。
また、お客さまからは「面倒でメークしたまま寝てしまうこともあるが、帰ってそのまま洗顔すれば簡単に落ちるのでとても便利」「メークがお湯で落ちるのに、ファンデーションのつきが良くて、肌がキレイに見える」等の声をいただいており、新発想で開発した商品特長に多くの評価の声をいただいています。
※4 資生堂WEB調査 2012年 20~60代 女性319名


2.プロモーションおよび店頭活動による情報発信、売場づくり
プロモーションでは、「メーク落としの面倒から女性を解放します」をキャッチコピーに、重ねたメークがお湯で落ちる動画を用いて商品特長を表現したWEB広告を中心に展開しています。また、TV、新聞、雑誌、WEBでも新発想で開発した商品特長について、多数取り上げていただいています。
また、店頭では、得意先さまの積極的な取り組みにより、全国約45,000店に導入され、売場展開が多面的に実施されています。新しい化粧習慣を実現する世界初※2の商品機能、化粧下地としての使用性の良さについて、得意先さまからも評価をいただいています。
 WEBでの先行発売を通じ、WEBを中心としたスピード感のあるプロモーションと店頭が一体となった情報発信が、お客さまの購買につながっていると分析しています。


【CM展開】
モデルには、蒼井 優(あおい ゆう)さんを起用し、2013年3月22日(金)より、TVCMを展開します。「メーク落としをスルーしよう。」というメッセージを発信する「登場篇」に続き、「メーク落としをスルーしたい」と思っている女性たちの実感や「スルーできた幸福」を描いていく続編を2013年3月25日(月)より追加でオンエアしていく予定です。


詳細・プレスリリース掲載ページ
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2143-j.pdf?rt_pr=tr025

資生堂グループ企業情報サイト
http://group.shiseido.co.jp/index.html?rt_pr=tr025

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング