鎌倉シャツ、「売場ノート」で店舗スタッフの創意工夫を後押し

PR TIMES / 2019年11月26日 11時55分

―スタッフの働きがい向上に貢献―

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、株式会社サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:貞末良雄、以下 鎌倉シャツ)が「メーカーズシャツ鎌倉」の全店において2018年11月より活用している「売場ノート」(※1)の導入効果を紹介する事例記事を公開したことをお知らせします。

素材や縫製など細部までこだわった上質なシャツを低価格で提供する鎌倉シャツは、自社の事業を「顧客代理業」と呼んでいます。鎌倉シャツには、良い顧客体験を提供するため、スタッフ1人ひとりが「自店の経営者」という意識を持ち、積極的に店舗運営に参画するという企業文化があります。そのなかでスタッフの創意工夫を後押しし、働きがいを向上する仕組みとして、店舗の売場写真を全社で共有できるiOSアプリ「売場ノート」の活用を進めています。



■「売場ノート」の効果


iPad活用により店舗の実行力向上と改善サイクルの高速化を実現
アーカイブ写真への素早いアクセスがノウハウ共有やスタッフの気づきに寄与
各店舗の取り組みに対するオープンなフィードバックが働きがいの向上に貢献



[画像1: https://prtimes.jp/i/25071/25/resize/d25071-25-958874-1.png ]

※事例の詳細は、下記URLより事例記事をダウンロードください。
 → https://shoprun.jp/cases/kamakurashirt/

[画像2: https://prtimes.jp/i/25071/25/resize/d25071-25-550694-0.png ]


『Shopらん(ショップラン)』について( https://shoprun.jp/
「Shopらん」は、多店舗企業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。本サービスはアダストリア様やすかいらーく様、RIZAP様など幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約35,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。「Shopらん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。


株式会社ドリーム・アーツについて( https://www.dreamarts.co.jp/
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング