「売上アップの秘訣!顧客情報分析で次の見込み客を発掘」のお知らせ

PR TIMES / 2013年9月26日 11時50分

建設業界だけではなく情報・通信の分野でも優れた技術力を発揮されている前田建設工業様とCRM構築のプロフェッショナル、バーチャレクス・コンサルティングの初共催セミナーです。個人のITリテラシーに依存することなく、情報分析を必要としている人が手軽に使える分析ツールを見込み客発掘や、リピーター獲得、業務効率化のために活用しようという試みをご紹介いたします。



バーチャレクス・コンサルティングは2013年10月10日(木)、前田建設工業との共催セミナーを開催します。

コールセンターのコンタクト履歴、店舗やネット販売事業の受発注管理や在庫管理など、様々な顧客接点を通して企業に集積される顧客情報は更なる見込み客発掘や、リピーター獲得のために活用できる宝の山のようなものです。しかし、現実的には散在するデータを結び付けて、販促にむすびつく一定の傾向を導き出すのは容易なことではありません。

そして、ほとんどの企業がデータ活用の必要性は感じているものの、現場で異なるデータ形式の統合作業は属人化され、簡単なリストを作成することさえも困難な状況に陥り、貴重な情報資源を活用することができない状況です。

このような課題に対して、社内で実用化して開発された前田建設工業の「Data Integrator(DI)」は「エンドユーザが自らデータの加工・集計ができる」、「ETLツール等に比べ専門知識不要で、開発・運用費用も少ない投資でデータ管理、加工、分析の実現」といったメリットがあります。

ご存じない方も多いかと思いますが、前田建設工業では建設や環境の分野だけではなく情報・通信の分野でも優れた技術力を発揮し、今回ご紹介する「Data Integrator(DI)」の他にも、セル理論(※1)に基づく様々なツールを開発しています。

本セミナーでは、「"売上アップ"の秘訣!顧客情報分析で次の見込み客を発掘」と題して、バーチャレクス・コンサルティングの顧客接点領域のノウハウをミクスチャーし、実際に企業内に蓄積される顧客対応履歴や、購買履歴、取引実績などを横断的に簡易分析し、

1.コールセンターのコンタクト有無と店舗、ネット販売、基幹システムなどにある購買履歴、SFAに蓄積されている営業コンタクト履歴のデータなどを組み合わせ、抽出条件設定することで、より確度の高い見込み客を発掘することに役立てる
2.簡易アンケート作成ツールでアンケートを作成して顧客への満足度調査など営業支援として利用する
3.コールセンターのコンタクト履歴と2.で作成したアンケート結果をもとに、顧客の自社に対する「ネガ」「ポジ」印象を分析

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング