日本人・中国人、若手社員意識調査 - 人生やキャリアに対する、意識の違いが明らかに -

PR TIMES / 2013年3月11日 12時11分

アデコは、日本で働く日本人・中国人の若手社員100名を対象に、人生やキャリアにおける目標についてアンケート調査を実施しました。アンケート結果では、人生またはキャリアの「目標を持っている」と回答した日本人は28.7%であるのに対し、中国人は86.6%と大きな差があり、働く意識の違いが浮き彫りになりました。



世界最大の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、日本で働く20代・30代の日本人・中国人の男女100名を対象に、人生やキャリアにおける目標についてアンケート調査を実施しました。

本アンケート調査の中で、人生またはキャリアに対する目標設定の有無を質問したところ、「目標を持っている」と回答した日本人は28.7%であるのに対し、中国人は86.6%と大きな差があることが分かりました。また、キャリアに対する目標については、日本人は「専門知識を持った職業人」、中国人は「独立、起業して自分の会社を持つこと」が最も多く、働く意識の違いが浮き彫りになりました。
以下は、調査結果を一部抜粋したものです。


【アンケート結果】
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人生やキャリアに対する目標を持っている人:日本人は28.7%、中国人は86.6%
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                             【日本人】      【中国人】
目標を持っている(すでに達成し、次の目標に向かっている)       5.0%        21.2%
目標を持っている(達成に向けて努力している)              23.7%        65.4%
目標を探しているが、まだ見つかっていない                36.0%         9.6%
目標は持っていない(以前は持っていたが、諦めた)           10.0%         -
目標は持っていない                               25.3%         3.8%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング