『リビオ板橋 浮間舟渡サクライエ』 2014年9月中旬販売開始(予定)

PR TIMES / 2014年8月21日 13時35分

新発想の間取り「W(ダブル)リビング」を提案

新日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:永井 幹人)は、東京都板橋区東坂下2-24-2(地番)、JR埼京線「浮間舟渡」駅徒歩9分、都営三田線「蓮根」駅徒歩14分の立地において開発中の分譲マンション『リビオ板橋 浮間舟渡サクライエ』(総戸数149戸)のモデルルームを8月23日(土)にグランドオープン、9月中旬より販売を開始いたします(予定)。



■ 物件価格上昇傾向の中で求められる、可変性と居住空間の有効活用

首都圏における分譲マンション価格は、地価・建設コストの高騰等により上昇傾向が顕著であり、(株)東京カンテイが発表した「マンションデータ白書2013」によると、首都圏の新築マンション価格は前年比8.0%上昇(4,241万円→4,581万円)、また、平均専有面積は09年以降ほぼ60m2 台前半の低水準で推移しています(※参考資料参照)。
一方で、顧客ニーズとして、家族のコミュニケーションが取りやすい広いリビングスペースの人気は変わらず、専有空間をいかに有効活用するかが課題となっていました。
これらのニーズに応えて、本物件では、東京23区(板橋区)において平均専有面積約73m2 を確保し、さらに、専有空間を最大限に活用し間取りの可変性を高める「Wリビング」という新発想の空間構成を提案しています。これは、洋室の扉を2枚引き戸とすることで、個室としての洋室と廊下をつなぎあわせ、広々とした開放的な“第二のリビングルーム”として空間を利用することができるプラン*です。
*メニュープラン(ワンズプラン)で選択可能(有償)


■ Wリビングを活かした空間例


〈本プロジェクトの主な特徴〉

1. 可変性を高めた間取り構成「ワンズプラン」
専有空間を最大限活用する間取りへの対応として、2枚引き戸やウォールドアなど豊富なメニュープランを組み合わせてオンリーワンの住まいを創造できる「ワンズプラン」を採用。例えば、洋室を2枚引き戸とし、引き戸を開放することで個室と廊下をつなぎ合わせ、広々とした開放的な第二のリビングルームとして空間を利用することが可能です。従来は廊下としてのみ機能していたスペースを居室空間と一体利用することができ、ライフスタイルや家族構成に合わせて自由な間取りを実現します。

2. 〔設備〕〔カラー〕〔インテリア〕を自由に選択できる「ワンズセレクト」
オリジナリティある空間デザインのため、豊富なメニューの中から設備・カラー・インテリアを複数のパターンから自在にコーディネートできる「ワンズセレクト」を採用。専門のコーディネーターと相談しながら、建具のカラーやキッチン水栓のグレードアップ、キッチンカウンターの素材変更に至るまで、オリジナルの住戸にすることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング