10年後の夫婦、『対等』に働く77.8% ~「妻が中心となって働く・夫は補助」は3倍増~

PR TIMES / 2013年10月30日 19時51分

働く主婦の未来像アンケート:「しゅふ活研究室」調べ 

主婦に特化した人材サービスを提供する株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦、以下ビースタイル)が運営する「しゅふ活研究室」は、働く意欲のある主婦層を中心に、働く主婦の未来像についてアンケートを行いました。「これからの10年で、増えそうなワークスタイルはどれだと思いますか?」という質問に対し、「夫婦対等に共働き」という回答が77.8%と8割近くにもおよびました。
 またこれまでの10年と比較して、「妻が中心となって働き、夫は補助的に働く」を選んだ人は3倍増。「妻が働き、
夫は専業主夫」と回答した人も上回っています。今後10年で女性が大黒柱となる家庭が増えるかも?しれません。




【調査概要】

調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:427名(既婚女性379名、未婚女性17名、既婚経験あり独身女性22名、男性9名)
調査実施日:2013年9月6日(金)から2013年9月30日(月)まで
調査対象者:ビースタイル登録者/求人媒体『しゅふJOB』登録者

■調査結果サマリー

1.10年前のイメージと比較して、「主婦は働きやすくなった」「やや働きやすくなった」が合計で64.9%。
2.これからの10年で「夫婦対等に共働き」が増えるという回答が77.8%。「妻が中心」は17.3%。
3.「妻が中心」の理由は、「家事・育児シェアする家庭増えそう」が1位、「男性に頼りがいがない」が2位。
4.これからの10年、働く主婦にとって未来は「どちらかというと明るい」以上が42.9%。


1.10年前のイメージと比較して、「主婦は働きやすくなった」「やや働きやすくなった」が合計で64.9%。

(詳細⇒:図1,10年前のイメージと比べて、主婦は働きやすくなったと思いますか?(単一回答 n=427))

2.これからの10年で「夫婦対等に共働き」が増えるという回答が77.8%。「妻が中心」は17.3%

(詳細⇒:図2,「これまで」と「これから」の10年で、増えそうなワークスタイルはどれだと思いますか?
(複数回答可)。(複数回答 n=427))

3.「妻が中心」の理由は、「家事・育児シェアする家庭増えそう」が1位、「男性に頼りがいがない」が2位。

(詳細⇒:図3,「妻が中心となって働き、夫は補助的に働く」または「妻が働き、夫は専業主夫」 を選ばれたかたに質問です。当てはまるだけ理由を教えてください。 (複数回答可)。(複数回答 n=427))

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング