シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート ~ 3月31日(土)アース・アワー2012に参加 ~

PR TIMES / 2012年3月21日 11時19分



 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドInc.の一員として、世界のシェラトンやウェスティンなどの姉妹ホテルと共に、環境に対する意識向上のための世界的なイベント“アース・アワー”(Earth Hour)に参加いたします。このイベントは、世界自然保護基金(WWF: World Wildlife Fund)が2007年から実施しているもので、今年で6回目を数えます。
 環境問題や地球環境保護に対する意識向上を目的としてはじまったアース・アワーは、昨年世界135の国と地域から数億人が参加し、特に日本では、東日本大震災の被災地を想い、祈りを捧げました。今年2012年も、エネルギー問題等が大きく取り上げられる中、環境保全への取り組みの一つとして、3月31日(土)20:30~21:30の1時間に開催されます。
 この貴重な1時間、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、ホテルの照明の消灯、および他の省エネルギー施策を実施します。業務に不可欠でない屋内照明の減光または消灯、バーなど公共エリアでのキャンドルライトの使用など、複数の環境保護施策を実行します。お客様に対しては、フロントでのチェックイン時のご案内や館内掲出ポスター等を通じて、ホテルがアース・アワーに参加していることを伝え、協力を呼びかけます。

■ アース・アワーについて
アース・アワーは、環境保護意識啓発イベントとして、2007年にオーストラリアのシドニーで始まりました。この最初のイベントには、一般世帯や企業、さらにシドニー市最大のランドマークから200万を越える人々が参加し、1時間にわたって照明を消灯しました。その結果、シドニー市全体のエネルギー消費量が劇的に削減されました。このイベントは急速に世界に広がり、2008年のアース・アワーには、35カ国370都市で推定50,000,000人が参加しました。アース・アワーに関する詳細は下記URLよりご覧ください。http://www.wwf.or.jp/activities/climate/cat1259/cat1390/ 

■ 3月31日(土)アース・アワーへの参加内容
開催時間中(20:30~21:30)は、お客様の安全性に影響のない箇所の館内照明を消灯、減灯いたします。また、お泊りのお客様の客室内電気の消灯、減灯についてもご協力を呼びかけます。
【館内6箇所での消灯】
1.外壁スモークタワー  2.松泉宮ガーデンプールイルミネーション(終日)  3.1階の中国料理「藍海」と  鉄板焼「ふかみ」の入口照明 4.アトリウム照明(減灯) 5.ホテル内エスカレーター装飾照明    6.ホテル内事務所
※ チェックイン時にアース・アワーについての趣旨をご説明する案内文を配布する他、エレベーター内に消灯、減灯を呼びかけるポスターを掲示します。本取り組みはお客様の自発的なご協力をお願いするもので、消灯、減灯を強制するものではありません。

【廃油キャンドル&エコキャンドル作リ】
レストランのキッチンから出た廃油を再利用して、エコキャンドルを作ります。ホテルにご宿泊のお客様は、どなたでもご自由にご参加いただけます。出来上がったキャンドルは20:30~21:30のアース・アワーに、「パシフィカ」カクテルバーで点灯いたします。
■会場/3階アクティビティーセンター
■時間/16:00~17:00
■参加料/ご宿泊者無料(当日先着10名様)

【「Nouveau Duo(ヌーボー・デュオ)」 キャンドルライトライブ】
「パシフィカ」カクテルバーではアース・アワーに日中アクティビティーセンターで作った廃油キャンドルを点灯。ロマンティックな雰囲気の中、R&Bやゴスペルを得意とする黒人系デュオによるキャンドルライトライブを開催します。
ほのかな灯りの中で地球の事を考えながら、美しい音楽に耳を傾けてみませんか?
■会場/1階「パシフィカ」カクテルバー
■時間/20:30~21:15
※ お飲み物代とは別途ミュージックチャージ(大人1,050円、子供525円)を頂戴いたします。
※ 21:15以降のステージは通常通りの音源を使ったライブとなります。

【アース・アワーカクテル/アース・アワードリンク】
アース・アワー当日は、地球をイメージしたオリジナルカクテルを販売します。
日常生活を振り返り、地球の為に私たちに何ができるのか、皆で一緒に考えてみしょう。
■ご提供場所/1階「パシフィカ」カクテルバー
■料金/アース・アワーカクテル:1,200円
      アース・アワードリンク:1,000円

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング