マランツ スリムボディのAVサラウンドレシーバー発売

PR TIMES / 2013年5月1日 9時16分

高音質をスリムボディに凝縮、充実のネットワーク機能と4K信号対応

 (株)ディーアンドエムホールエィングスはマランツブランドのAVサラウンドレシーバー NR1604を5月下旬より発売いたします。



全高105mmのスリムなボディに高品位なアンプと最新機能をパッケージングするというコンセプトにより、スリムデザインAVレシーバーというジャンルを開拓したNRシリーズ。そのラインアップに、使いやすさと音質をさらに磨き上げたニューモデル、『NR1604』が加わります。
増幅回路には、妥協を排したサウンドチューニングにより音質を練り上げた最大出力100Wの7chディスクリート・パワーアンプを搭載。スピーカーターミナルは、新たに上級機と同様のクリアタイプを装備。デジタルオーディオ回路も一新し、臨場感、ディテールの表現力を向上させました。
画像とテキストにより、スピーカーや入力機器の接続から初期設定までをガイドする『セットアップアシスタント』の説明がより詳しく、解りやすくなりました。色分けされたスピーカーターミナルと付属のケーブルラベルで接続もより簡単に。出力映像にオーバーレイされる日本語対応GUIは、入力信号やサウンドモード、ボリュームに加え、アクティブなスピーカーを一目で確認できるようになりました。
7入力の4K Ultra HDビデオ対応HDMI端子やHDオーディオ対応ネットワーク機能、AirPlay、インターネットラジオ、スマートフォンでNR1604を操作できるMarantz Remote Appなど、充実の機能を搭載しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング