【データ復旧実績公開】6年連続データ復旧実績日本NO.1の日本データテクノロジーが、累積データ復旧件数65,000件を突破。

PR TIMES / 2012年3月12日 9時23分



6年連続データ復旧実績No.1(※1)の日本データテクノロジー(OGID株式会社、代表取締役:野口誠)。同社は国内随一の復旧実績で培われた職人技と世界中から導入された多くの最先端設備を駆使し、データ復旧率95.1%(※2)を保有している世界のリーディングカンパニー。
『1秒でも早く、1つでも多くのデータを復旧する』ことを使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っております。

http://www.ino-inc.com

http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

日本データテクノロジーでは、この度、データ復旧サービスを提供してから累積復旧件数が65,000件を突破したのでご報告致します。
データ復旧サービスは、パソコン内部のハードディスクに記録されているデータが何らかのトラブルで消滅・破損した際、
特殊な設備や技術でデータを復旧するサービスです。

ハードディスクのトラブルというのは人間の病気と同じように、1件1件、症状の内容や進行具合が異なります。そして、病気や怪我の治療と同じように、データ復旧の方法も原因によって大きく変わります。
しかし、原因は全く違うにも関わらず、ユーザ側には同じ現象が起こっている事も少なくありません。
症状の軽微な違いから、原因を即座に見極め、的確な復旧作業を行うには、技術者の復旧経験量により磨かれる、職人としてのカンが必要となります。
復旧経験を多く積むほど、技術者の職人としてのカンは鋭くなり、的確な復旧作業を可能とします。

このように、データ復旧の技術力は、ただ論文やマニュアルを読んだだけでは決して高くはなりません。技術員1人1人が1件1件データ復旧を実際に行う事で、それらの経験が知識となり、技術力を向上させます。

今回、データ復旧実績が『65,000件を突破』したことは、同時にデータ復旧の技術力を表すひとつの基準として大きな意味のあるものだと
日本データテクノロジーは考えています。
累計65,000件突破は、お客様やパートナー様をはじめ、日本データテクノロジーをご支援いただいているすべての皆さまのご協力のお陰であり、心から感謝申し上げます。

ご依頼頂いた皆様の復旧経験が、また次のお客様のデータ復旧につながり、よりお客様にご満足頂けるサービスをご提供できるよう、今後も技術の向上に邁進致します。
そして今後もデータ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング