車両ダイナミクスコントロールをモーターサイクルにも採用 ボッシュ・スタビリティ・コントロールがより安全なコーナリングを実現

PR TIMES / 2012年10月11日 16時49分



・コーナーでも最適なブレーキングと加速が可能に
・物理法則内でのリスクを軽減
・さらなる交通安全に寄与するモーターサイクル用スタビリティコントロール

ボッシュは高性能モーターサイクル向けのスタビリティ・コントロール・システムの開発に成功し、2013年から量産がスタートすることになりました。モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)は、モーターサイクルの安全性向上のための大きな飛躍となります。MSCはブレーキングと加速時、直線およびコーナーの走行時など、あらゆる状況下でライダーをサポートし、モーターサイクルの操作性と走る喜びはそのままに保つことが出来ます。「モーターサイクルの全事故の24%はカーブで発生しています」。こう述べるボッシュ・シャシーシステム・コントロール事業部長のゲルハルト・シュタイガー(Gerhard Steiger)はさらにこう続けます。「ボッシュのモーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)は、事故の発生件数の更なる減少のために大きく寄与することができます」。2009年にはヨーロッパだけでも5,000人を超えるモーターサイクルライダーが交通事故で死亡していますが、ABSを装備するだけで、死亡や負傷につながるモーターサイクルの全事故の約1/4を防止できるという調査結果が出ていますので、スタビリティコントロールにより更なる防止効果を期待できます。

■コーナーでも安全性が向上

ABS enhanced システムを技術的なベースとしているMSCは、モーターサイクルの安全性の向上に取り組んでいる日本ボッシュにあるコンピテンスセンターのエンジニアが、多数のセンサーと最新のソフトウェアを組み込めるよう拡張したシステムです。そしてこのシステムにより、モーターサイクルメーカーや要求水準の高いエンドユーザーに幅広いセーフティ機能が提供可能となりました。

傾斜角とピッチ角に応じたABSコントロールにより、あらゆる走行状況で走行安定性が向上するとともに、ブレーキング効果が向上します。
変化しやすい路面や滑りやすい路面でも駆動力が効率的に路面に伝達され、駆動ホイールがグリップを失わないよう、トラクションコントロールが最大エンジントルクを調整します。
コーナーで急ブレーキをかけた場合に、直立姿勢に戻ろうとするモーターサイクルの特性をMSCが抑制します。この不随意的なマシンの立ち直りによりコーナリング半径が大きくなり、その結果、モーターサイクルが車線を逸脱することがよくあります。こうした場合に、電子制御式コンバインド・ブレーキ・システム(eCBS)はホイール間のブレーキ力を最適に配分し、コーナリング時にモーターサイクルを安定させます。
また、MSCは「ローサイド」転倒のリスクを軽減します。これは、ホイールがコーナーの外側へスリップし、コーナリング時にモーターサイクルが転倒する事故のことです。コーナリング時にブレーキ力がかかりすぎ、ホイールが十分な横力を路面に伝達できなくなると発生します。そして、MSCはローサイド転倒のリスクを検知し、最大ブレーキ力を制限することでこれを防止します。eCBS機能は、利用できる最大限のブレーキ力をホイールに配分し、コーナリング状況下で最適なブレーキ性能を保証します。
eCBS機能は、ライダーが前輪または後輪のみに誤ってブレーキをかけた場合やブレーキを強くかけすぎた場合でも、いつでもブレーキ力を最適に配分します。
後輪走行緩和機能はエンジントルクを制御し、前輪が制御不能になって浮き上がるのを防ぐだけでなく、最大加速を可能にします。
後輪浮き上がり緩和機能は、摩擦係数が高い路面を走行中に前輪の最大ブレーキ力を低減し、後輪を接地させます。また、ピッチレートと縦加速度を考慮し、走行安定性が維持されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング