「健康道場 玄米ごはん」 新発売 1パック2単位(160kcal)でカロリーコントロールも簡単! 糖が気になる人にもおすすめ!

PR TIMES / 2013年9月3日 13時40分

主食を変えて食事の質をアップ 電子レンジで手軽に炊きたてのような味わい



 サンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司)は、同社の社員向け福利厚生施設『心身健康道場』の理念を元に生まれた健康食品シリーズ「健康道場」より、糖の吸収をゆるやかにする食物繊維を多く摂れるよう、玄米に大麦やアマランサスなどをオリジナルの配合でブレンドした「健康道場 玄米ごはん」を2013年9月12日(木)より通信販売にて新発売いたします。
 スチーム効果でごはんをおいしく仕上げられる特殊なパウチを使用しており、電子レンジで手軽に、ふっくらもっちりとした、炊きたてのような味をお楽しみいただけます。玄米のパサつきが苦手な方や、忙しくて玄米を炊く手間をかけられない方におすすめです。
 糖尿病患者の方の声を受けて1食分を2単位(160kcal)とし、糖が気になる方もお使いになりやすいよう工夫しました。


【発売の背景】
 サンスターは、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」という社是の下、さまざまな健康関連事業を展開しています。1985年には、社員の福利厚生施設として、「心身健康道場」を設立、以来、社員に対して食事・身体・心といった3つのアプローチで食生活等の生活習慣の乱れやゆがみの気づきを与え、整える指導を行ってきました。
 「健康道場 玄米ごはん」は、この「心身健康道場」の理念を元に生まれた製品です。
 製品化にあたっては、カロリーを抑えながらも食物繊維をより多く摂って、さらにおいしく召し上がれるよう、玄米に大麦やアマランサスをミックスし、さらに水分量を調整してベストなバランスを追究しました。パックも特殊なパウチを使用し、炊きたてのようなふっくら食感にこだわりました。また、糖尿病患者の方の声を受け、食事の際に気になる炭水化物量を分かりやすくするため、1食分1パックを2単位(160kcal)に設定しました。
 サンスターでは、これからも、製品をご利用いただく方からの声や「心身健康道場」で培われる知見をもとに開発を重ね、さまざまな製品やサービスを通じて、人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕してまいります。


健康道場 玄米ごはん
【商品特長】

● 1日1杯で食物繊維の不足量を補給
 玄米を中心に、大麦やアマランサスをベストなバランスで配合、糖の吸収をゆるやかにする食物繊維や、ビタミン、ミネラルを白米に比べて豊富に含んでいます。
 日本人女性の食物繊維の摂取量は17g以上の目標に対して平均14.3gと不足していますが、1日1杯だけでも「健康道場 玄米ごはん」を召し上がって頂くことで、2.7gの食物繊維が摂取でき、食物繊維の不足分を補えます(図1)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング