【東日本大震災支援活動】ユニセフ支援活動2年報告会

PR TIMES / 2013年2月26日 14時49分

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       ユニセフ(国連児童基金) プレスリリース/Media Advisory

        配信元: (公財)日本ユニセフ協会 www.unicef.or.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                     2013年2月26日
東日本大震災
ユニセフ支援活動 2年報告会
2013年3月6日(水) 午後2時~3時 
会場: ユニセフハウス1Fホール (東京都港区高輪4-6-12)
______________________________________

日本が未曾有の大災害に見舞われた日から、まもなく2年の節目を迎えます。

3月6日(水)、ユニセフハウスにて東日本大震災ユニセフ活動報告会を開催します。
第2次世界大戦後の苦境に直面した日本の子どもたちに対する支援から、
およそ半世紀ぶりとなったユニセフの日本国内での支援活動。
世界中の方々に支えられ、多くの方々のご協力を得て実施している2年間の活動の成果を報告し、

今後の取り組みを発表いたします。

●日時: 2013年3月6日(水) 午後2時~3時 (メディア受付 午後1時30分より)
●場所: 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス1Fホール

■ プログラム ■

1.開会挨拶           
日本ユニセフ協会専務理事/支援本部長   早水 研

2.「2年レポート」と「映像」で振り返る、“半世紀ぶり”の支援活動

3.活動2年目のハイライト:被災地の復興と児童福祉施設再建支援 ~私たちが目指したもの

日本ユニセフ協会 保育園・幼稚園再建プロジェクト設計管理共同体 委員長 浪川 宏氏
~ 再建された児童福祉施設や利用する子どもたちの様子などを映像で紹介 ~

4.「あの日」からの2年間を振り返って   

日本ユニセフ協会大使 アグネス・チャン氏

5.被災地の子どもたちが抱える問題と今後の取り組み

日本ユニセフ協会専務理事/支援本部長   早水 研
     子どもの保護支援アドバイザー  小野道子氏 (元ユニセフ職員・子どもの保護専門官)
     心理社会支援アドバイザー     湯野貴子氏 (日本プレイセラピー協会代表)
     子ども参画による復興計画づくり支援アドバイザー 佐藤慎也氏 (山形大学教授)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング