「煮豚のたれ 125g」「角煮のたれ 120g」 2013年8月15日(木)リニューアル発売

PR TIMES / 2013年8月1日 11時7分

電子レンジ調理でもっとかんたん! ご飯がすすむ豚肉のボリュームおかずが手軽に作れる

モランボン株式会社(本社:東京都府中市 代表取締役社長:ジョン・ピョンヨリ)では、精肉売場向け商品として、ご飯がすすむ豚ブロック肉メニューの専用調味料「煮豚のたれ」と「角煮のたれ」をさらにおいしく、簡単に調理することを提案するため2013年8月15日(木)よりリニューアル発売いたします。



<開発背景>
煮豚や角煮などの豚肉のブロック肉メニューは「ボリュームがある」「ご飯にあう」などの理由から、
特に年代が高い主婦に人気のメニューです。一方で「調理に時間がかかる」「作るのが面倒」などの不満が、若年主婦層の調理頻度の低さの理由としてあげられています(2013年弊社調べN=101)。
そこで、これらの豚ブロック肉メニューの調理に電子レンジを使用し、より簡単に作れることを提案するため「煮豚のたれ」「角煮のたれ」のパッケージをリニューアルいたします。
パッケージの裏面では通常の鍋を使う調理方法に加え、電子レンジでの調理方法を記載しています。鍋調理に比べ電子レンジでの調理時間は約半分であることから、調理時間の短縮に繋がります。また、煮豚のたれについてはさらにコクのある味わいに仕上がるよう、黒みりんを新たに配合するなど、味の改良もおこなっています。

<商品特徴>
【 煮豚のたれ 】
黒みりんと黒糖を使用し、コクと深みのある甘さに仕上げた煮豚のたれです。
かくし味の生姜とにんにくが豚肉の臭みを抑え、おいしさを引き出します。
■ 味の変更点
・ 醤油と砂糖の比率を見直し、よりご飯に合う味わいに。
・ 新たに黒みりんを配合し、甘さに深みを出しています。
・ かくし味ににんにくを配合。たれにコクを出し、豚肉の臭みを抑える効果もアップ。
【 角煮のたれ 】
甜麺醤(テンメンジャン)、老酒、オイスターソースを使用した、ご飯がすすむ中華風角煮のたれです。
かくし味の八角が豚肉の臭みを抑えます。

<電子レンジでの作り方(3~4人分)>
煮豚のたれ:豚ブロック肉(肩ロース、ももなど)400g、水50cc、本品1パック
角煮のたれ:豚バラ肉(3cm角)500g、本品1パック

1. 深めの耐熱容器に材料を入れ、ラップをかけ、電子レンジで加熱します。
<煮豚>500W・・・10分 600W・・・9分 <角煮>500W・・・8分 600W・・・7分
2. 電子レンジから一度取り出して肉の上下を返し、さらに加熱します。
 <煮豚>500W・・・10分 600W・・・9分 <角煮>500W・・・8分 600W・・・7分
3. 電子レンジから取り出して上下を返し、約10分置いて予熱で火を通します。

<商品概要>


商品名(内容量): 煮豚のたれ(125g)、 角煮のたれ(120g)

容器: アルミスタンディングパウチ

サイズ・入り数: 100mm×160mm(1ケース=10パック)

保存方法: 直射日光・高温をさけ、常温で保存

賞味期間: 240日

参考小売価格: 168円(税込み)

JANコード:(煮豚のたれ)4902807351957  (角煮のたれ)4902807351964

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング