資生堂、「ライフクオリティー事業」を開始 ~科学的根拠に基づく「高齢者美容サービス(化粧療法プログラム)」と 全国の事業所主催の「美容セミナー」を統合・再編しソーシャルビジネスとして全国展開~

PR TIMES / 2013年4月1日 17時30分

 資生堂は、2011年4月に事業化し、首都圏の1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)に導入した「高齢者美容サービス(化粧療法プログラム※1)」と、事業所が中心となって推進している「美容セミナー」の活動を統合・再編し、2013年7月から順次全国エリアで、新たに「ライフクオリティー事業(セミナー名称:資生堂ライフクオリティー ビューティーセミナー)」として展開していきます。
 「ライフクオリティー事業」は、当社のコーポレートメッセージ「一瞬も 一生も 美しく」を体現するとともに、継続的かつ発展的な事業展開を目指す「ソーシャルビジネス」と位置づけ、超高齢社会の抱える課題解決などとともに、これまで出会えていなかった新しいお客さまとの出会いの創出を狙いとしています。
※1・・・「化粧療法プログラム」 http://www.shiseido.co.jp/kesho_ryoho/?rt_pr=tr026
高齢者施設の要望に応じてビューティーセラピスト(BT、※2)がプログラムを実施することで高齢者のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を向上させる有償の美容サービス活動です。
※2・・・ビューティーセラピスト(BT) 
主に店頭で活動してきた全国のビューティーコンサルタント(BC)から選抜し、要介護者や認知症患者などへの対応の専門教育を受けた担当者です。BTは「高齢者美容サービス」活動の担い手として当該サービスを普及・展開しています。


【「ライフクオリティー事業」開始の狙い】
資生堂では、1949年、高校卒業予定者を対象に、社会人の「身だしなみ」としての化粧法を知っていただくための「整容講座」を開始しました。この「整容講座」は、全てのお客さまに美しくなっていただきたいという思いのもと、時代の変遷とともに、新社会人だけでなく、高齢者や障がいのある方など、参加者や参加目的に応じて内容を変え、「美容セミナー」として発展してきました。
現在では、「美と健康を通じて社会のお役に立つ」という当社の理念に基づくCSR活動の柱のひとつとして、2012年度の開催実績(見込み)は日本全国で延べ約3,000件、延べ約70,000名の方に参加いただいています。
一方、2011年4月から首都圏で事業化した「高齢者美容サービス」は、高齢者が継続的に化粧をすることによって、表情が明るくなるだけでなく、「認知症の周辺症状が緩和される」「要介護者のADL(日常生活動作)が向上する」といった効果が期待でき、高齢者のQOLの向上に役立つことがわかってきました。当サービスは、2012年12月末時点で、1都3県の約120施設で展開しています。
こうしたなか、近年、高齢者施設や学校などから、各種セミナーの開催依頼が増加しており、より多くの方々に継続的にご参加いただくため、これまで実施してきた様々なセミナーを統合・再編し、「資生堂ライフクオリティー ビューティーセミナー」として体系化します。加えて、今後の超高齢社会によるニーズ拡大などを見据え、無償の社会貢献活動では限界があることから、ソーシャルビジネスの考え方を取り入れ、セミナーで使用する化粧用具代等必要なコストの一部を有償化し、サステナブルな活動として「ライフクオリティー事業」を展開します。これにより、世代を問わず、幅広い世代の方々に「化粧のちから」を体感いただけるよう取り組みを進めていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング