8割以上が犯罪・刑事事件について弁護士に相談してよかったと回答。弁護士相談の満足度が高い8割の人の理由と低い2割の人の理由を調査。

PR TIMES / 2021年1月25日 17時45分

刑事事件について弁護士相談をしたことがある78名を対象に、弁護士相談をしてよかったか調査を実施。8割以上の人が「よかった」と回答し、「迅速に解決してくれた」「安心して任せられた」等の意見も。

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、犯罪・刑事事件で弁護士相談経験のある男女78名を対象に、犯罪・刑事事件についての弁護士相談の満足度について調査を実施しました。結果としては、8割以上の人が「弁護士に相談してよかった」と回答しています。なぜ8割以上もの人が弁護士に相談したと良かったと回答したのか、反対に2割の人は相談してよかったと感じなかったのかをご紹介します。犯罪・刑事事件に関してお悩みの方は必見です。



「はい」と回答した人は、下記のような理由がありました。
今回カケコムでは、犯罪・刑事事件で弁護士相談経験のある男女78名を対象に、犯罪・刑事事件についての弁護士相談の満足度について調査を実施しました。
詳細な調査概要は下記の通りです。

【調査概要】


[画像1: https://prtimes.jp/i/19346/26/resize/d19346-26-557490-0.png ]

【犯罪・刑事事件について、弁護士へ相談してよかったですか?】
犯罪・刑事事件で弁護士相談経験のある男女78名に対し、「犯罪・刑事事件について弁護士に相談してよかったか」アンケートをとった結果、下記の通りとなりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19346/26/resize/d19346-26-139938-1.png ]

「はい」と回答した人が84.6%、「いいえ」と回答した人が15.4%です。圧倒的に「弁護士へ相談してよかった」と回答した人が多いことがわかります。
それでは、次に「はい」と回答した人と「いいえ」と回答した人の理由をそれぞれ見ていきましょう。

◆「弁護士へ相談してよかったですか?」という質問に「はい」と回答した人の理由5選
「はい」と回答した人は、下記のような理由がありました。

(1)相談したことで安心できた・気持ちの整理がついたから
30代男性


やっぱり弁護士に相談してまず良かったのが安心できたことです。こっちは被害者側なんですが相手側と示談交渉などの時にこちらの要望も伝えれたから。

30代男性


気持ちの整理もつき、なおかつ解決の手助けをしていただいた。

40代男性


初めての刑事事件で右往左往していたので、弁護士に相談して心配事がすべて解消されました。

30代男性


一人で抱え込むより、料金を払ってでも、弁護士に相談した方が安心出来るからです。


(2)どんな手段が取れるのかを適切に的確に教えてくれたから
40代女性


自分が今後どのように対処していけばいいのかわからなかったので、出来る事を適切に相談に応じてくれた。

30代女性


どのように対処したら良いのか、専門家の視点から的確なアドバイスが得られた点が良かった。


(3)迅速に解決してくれたから
20代女性


自分の味方になってくれたので問題解決するのが早かったからです。

30代女性


素人の自分だけでは解決できない問題を早期に解決することができた。

40代女性


解決までが早かったこと。親身になって話を聞いてくださった事。今後同じような被害に遭わない為の対策を教えてくださった事。


(4)示談交渉ができたから
50代男性


弁護士に相談したことで、示談になりました。

40代男性


相手が示談に応じて、刑事責任を負わなくて済んだからです。


(5)裁判に勝てた・有利な判決を得られた・問題が解決したから
40代女性


裁判に勝てたので。求刑よりも重い判決が下された。

50代女性


弁護士に相談したことで、事件の弁護をしてもらって刑が軽くなって良かった。

50代女性


どこに相談してよいかわからず、知り合いに聞き相談した結果問題が解決しました。


◆「弁護士へ相談してよかったですか?」という質問に「いいえ」と回答した人の理由4選
「いいえ」と回答した人は、下記のような理由がありました。

(1)親身に相談に乗ってくれなかったから
40代女性


親身になって相談に応じてくれたわけではなく、まず最初にお金の話をしてきました。勝てる案件ですが、弁護士費用が高額になるので赤字になります。泣き寝入りをするのが一番だと思います、と言われました。すごく悔しかったので、相談しなければ良かったと後悔しました。

20代男性


担当弁護士の対応の仕方が、相談者に寄り添うのでは無く、自分の意見を押し付けるだけで酷かった点です。

20代女性


お金ばかりを気にして、ちゃんと話を聞かないから。


(2)相談したが解決しなかったから
30代女性


お金を払っても解決しませんでした。


(3)金額に見合う結果を得られなかったから
40代女性


相談料金に見合うだけのものを得れたとは実感出来ませんでした。


(4)弁護士が迅速に対応してくれなかったから
30代男性


いい意見が聞けず行動が遅いと思いました。


【犯罪・刑事事件に関わったら弁護士相談をした方が良いけれど、弁護士選びは慎重に】
「弁護士に相談してよかったかどうか」について、「はい」と回答した人の理由には、「迅速に対応してくれたから」「安心させてくれたから」「自分が取れる適切な手段を教えてもらえたから」等のポジティブな意見が目立つ一方で、
「いいえ」と回答した人の理由には、「そもそも親身に相談に乗ってくれなかった」というものや、「迅速に対応してくれなかった」等、対比的な意見が目立ちます。

人と人には相性があるように、弁護士と相談者にも相性があります。
だからこそ、一人の弁護士だけに相談をして、多少相性が合わないと感じてもそのまま依頼してしまうより、何人かの弁護士に相談をしてみて、最も自分が合うと思う弁護士に依頼する方が、
問題の解決を早期に実現しやすかったり、精神的な負担も減らすことができる可能性が高いのです。

もし複数人の弁護士に個別相談をして、自分に合う弁護士を探したいなら、ぜひ下記ボタンよりカケコムの弁護士検索をご利用ください。
初回の相談を無料で受け付けていたり、分割払いやカード払いを受け付けている事務所もあります。
各弁護士のプロフィールより詳細な弁護士の情報を掲載していますので、相性が良さそうな弁護士にお気軽にご連絡ください。
https://www.kakekomu.com/search?cat=10

また、こちらに関連する内容を詳しく知りたい方は、こちらの記事( https://www.kakekomu.com/media/53768/)もご覧ください。

データを引用される際は、下記をお守りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


出典元として必ずこちらのURL( https://www.kakekomu.com/)のご記載をお願いいたします。
「法律相談プラットフォーム「カケコム( https://www.kakekomu.com/)」では、多数の弁護士が登録しています。些細なトラブルでも、ぜひお気軽にカケコム登録弁護士へご相談ください。」という文言を文末にご記載ください。

◆株式会社カケコム概要


会社名:株式会社カケコム
所在地:141-0031 東京都品川区西五反田1-4-8
代表者:代表取締役CEO 森川 照太
設立:2016年5月2日
会社URL: http://company.kakekomu.com/
事業内容:トラブル解決のプラットフォーム「カケコム」の運営・開発



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング