2020年度「グローバルロジスティクス研究会」を開催

PR TIMES / 2020年9月8日 10時15分

-SDGs、ESG経営が迫る「サプライチェーン変革」への備え-

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(JILS)では、グローバルサプライチェーンの不確実性が一層高まるなか、SDGs、ESG経営が迫る「サプライチェーン変革」へ備えるため、2020年10月15日(木)より2021年3月まで、月例で計6回の会合(ゲスト講演、メンバー発表等)を開催いたします。

■名  称 「グローバルロジスティクス研究会」~SDGs、ESG経営が迫る‘サプライチェーン変革’への備え~
■会  期 2020年10月15日(木)~2021年3月 計6会合/月例会合(14:00~17:00)
■幹事企業 ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ(株)、ブラザーインターナショナル(株)、
 ヤマハ(株)、(株)リコー
■参 加 料 会員企業90,000円/1名(消費税別) 非会員企業:150,000円/1名(消費税別)
■参加方法 登録制(以下URLにて申込受付中)
       http://jils.force.com/ShareDetail?productid=a0R5F00000gJEUC

 未曽有の世界的なパンデミック「新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)」は、原材料の調達から生産、販売といったサプライチェーン全体および輸配送、保管・荷役等の各物流プロセスに大きな影響を及ぼしています。
その影響は個社のみならず、企業間の取引関係にも及んでおり、事業・業務を継続させるためには、コロナの第2波、第3波は無論のこと、今後の台風・地震等の災害も踏まえ、各企業は顧客をはじめるとする各ステークホルダーから、如何なる状況下にあっても、事業を継続することが強く求められています。
 また、SDGs、ESG経営の意識が一層強まると、環境破壊や人権侵害・貧困層搾取・社会的弱者差別等の倫理的リスクも含めた「責任あるサプライチェーン」も視野に検討する必要があります。
 グローバルサプラチェーンを俯瞰したSCM・物流における不確実性、リスクを把握し、混乱・途絶・変動をいち早く検知して回避・軽減させる、弾力性があるグローバルのSCM、物流の企画・実行に活かすための考え方、施策を探ることを目的として、本研究会を開催いたします。

≪重要課題へのアプローチ(ゲスト講師またはメンバー企業)≫
・事業継続のためのサプライチェーン・ガバナンス、リスク管理と物流管理の考察
・グローバルロジスティクス・パートナー企業の選定、PDCAと求められる組織、人材像の考察
・サプライチェーンを構成するグループ、顧客企業等との連携とマネジメントの在り方の考察
・中国におけるサプライチェーンの状況とEC、物流管理の考察
・DX推進によるグローバル在庫政策、生産・販売・物流管理の考察
・SDGs、ESG経営が迫る「サプライチェーン変革」への備え など

【コーディネータ】
上野 善信 氏/(株)バリューグリッド研究所 代表(金沢工業大学虎ノ門大学院教授)

【2020年度幹事メンバー企業 ・社名五十音順】
 ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ(株)、ブラザーインターナショナル(株)、
 ヤマハ(株)、(株)リコー
【2020年度参加予定企業 ・社名五十音順】
 NGKロジスティクス (株) 、ダイキン工業(株) など

【各会合の予定】※講演企業の詳細につきましては、担当までお問い合わせください。
第1回:2020年10月15日(木)14-17時
1)上野コーディネータ講演「現業部門とコーポレート部門のSCM役割分担とベンチマーキング有用性」
2)「SDGs、ESG経営が迫るサプライチェーン変革とは」ゲスト講演
3)製造、販売の特性および自部門の管掌と海外販社、委託企業管理等の概況の共有
  メンバー企業の「グローバルロジスティクス基本情報」の共有(フォーマット使用)

第2回:2020年11月20日(木)14-17時
事業継続のためのサプラチェーン・ガバナンス、リスク管理と物流管理の考察
1)「サプラチェーン・リスク管理のフレームワークの考え方と実行管理(仮)」ゲスト講演
2)「海外販社等のガバナンス強化、リスクと物流管理の取組みと課題(仮)」メンバー企業発表
3) ゲスト講師とメンバー企業のディスカッション

第3回:2020年12月17日(木)14-17時
グローバルロジスティクス・パートナー企業の選定、PDCAと求められる組織、人材像の考察
1)「グローバルSCMを成功させるための仕組みづくりと組織、人材像(仮)」ゲスト講演
2)「柔軟なグローバルロジスティクスを推進する3PL、物流企業等との関係構築(仮) 」
   メンバー企業の取組みと課題の共有(フォーマット使用)

第4回:2021年01月22日(金)14-17時
サプライチェーンを構成するグループ、顧客企業等との連携とマネジメントの在り方の考察
1)「サプライチェーンとリスクマネジメントの成熟度と企業競争力の考察(仮)」ゲスト講演
2)「海外販社、販売物流のQCDの設定とPDCA推進(仮)」メンバー企業発表
3) ゲスト講師とメンバー企業のディスカッション

第5回:2021年02月19日(金)14-17時
中国におけるサプライチェーンの状況と物流管理の考察
1)「コロナ禍でさらに重要視される中国巨大市場攻略とサプライチェーン戦略(仮)」ゲスト講演
2)ゲスト講師とメンバー企業のディスカッション など

第6回:2021年03月12日(金)14-17時
DX推進によるグローバル在庫政策、生産・販売・物流管理の考察(仮)
1)「流通在庫情報からS&OP活用のデジタルサプライチェーンのシステム考察(仮)」ゲスト講演
2)「流通在庫情報からS&OP活用のデジタルSCM構築事例(仮)」ゲスト講演
3) ゲスト講師とメンバー企業のディスカッション など

※コロナ禍の状況を鑑み、基本的には「オンライン」による運営。
 状況によっては、当会会議室の開催も予定。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング